お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

つけ帯のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

つけ帯の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、つけ帯の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

つけ帯とは?

日本には、古来から和装を着用する文化が継承されていて、重要な儀式の際にはいつも和装が着用され、とても親しまれています。
和装は小物にまでも、柄や模様が繊細にちりばめられているので、海外の方々にもとても人気を集めています。
和装には帯が欠かせませんが、帯の一種につけ帯という帯があります。
つけ帯とは、前帯と形が出来上がった太鼓のところが分けることができる帯のことです。
つけ帯は文化帯や軽装帯、作り帯ともいわれるものです。
太鼓のところがもう出来ているため、身に付けるのがとても簡単なので和装に慣れていない初心者にとっても楽に帯を身に付けることができます。
つけ帯には、帯を切らず仕立てられた帯と二部式の帯があります。

どのような種類があるの?

帯を切らずに仕立てたつけ帯

帯はもともとお太鼓の部分が出来上がっているわけではありませんので、つけ帯は太鼓の部分がない普通の帯を仕立てて作られたものです。
もともとの帯には袋帯や名古屋帯などお太鼓結びを楽しむための帯が使われることが多いです。
帯を切らずに仕立てたつけ帯はもともとの袋帯や名古屋帯などをはさみなどで切ったりしないようにして仕立てられているものです。
今では帯を切らずに仕立ててつけ帯をつくることは、それほど難しい事ではなく、たくさんの仕立て屋でやっていることです。
はさみなどを入れていないので、綴じてある糸を外してしまえばいつでも、もとの袋帯や名古屋帯などに戻すことができることがメリットになります。

固定型の二部式のもの

二部式のものはもともとのお太鼓が付いていない袋帯や名古屋帯などを背中のお太鼓の結び目部分と、胴に巻く部分とをはさみなどを入れて切りわけて二つに分ける方式のことです。
帯を切らずに仕立てた物よりも、もともとが短い袋帯や名古屋帯などを長い帯として使えるようになります。
しかしもともとの袋帯や名古屋帯などにはさみなどを入れて切っているわけですので、もとの帯の状態に戻すことは残念ながらできないことになります。
固定型はお太鼓の部分が自分で結ばなくてもいいように縫い付けられていて出来上がった状態で固定されてる帯です。
自分で結ばなくても出来上がっているので固定型の方が自由形より人気があります。

自由型の二部式のもの

自由型の二部式のものも、二部式であるのは共通しているので、もともとのお太鼓が付いていない袋帯や名古屋帯などを背中のお太鼓の部分と、胴に巻く部分とをはさみなどを入れて切りわけてあります。
帯を切らずに仕立てた物よりも、もともとが短い袋帯や名古屋帯などを長い帯として使えるようになるところや、もともとの袋帯や名古屋帯などにはさみなどを入れて切っているわけですので、もとの帯の状態に戻すことは残念ながらできないことも共通しています。
自由形はお太鼓になるはずの部分ができあがっておらず、着用する都度お太鼓の大きさや仕上がり、作り方も自由に変えられるようになっている帯で、色んなお太鼓を楽しめます。

つけ帯はどのような場面で使うの?

本格的な和装をいつも楽しんでいる着物の着付け熟練者にとっては、着付けをするときに帯のお太鼓の美しさを楽しみたいところに、お太鼓が出来上がっているつけ帯を使うのは、物足りなく感じることになるかもしれません。
しかし、もともとのお太鼓が付いていない袋帯や名古屋帯などを、和装に慣れていない着物の初心者が綺麗なお太鼓を形作ったうえで、着物の着付けまでを行うことはとても難しいことです。
ところが和装に慣れていない着物の初心者が簡単に着物の着付けを行うには胴の部分を巻き付けて、すでに出来上がっている形が整ったお太鼓の部分を背中の方にのせるという手軽さは大変ありがたい存在になりますので、こんなときにつけ帯は最適になります。

つけ帯の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装