お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

道中着のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

道中着の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、道中着の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

道中着とは?

道中着とは洋装で言うところのコートの事です。和装の外出着には3種類ほど種類があり、道中着の他には前が開いていてジャケットの様に着る羽織や、かしこまった場所に出かけるときに向いているフォーマルな装いの道行などがあります。

道中着を選ぶ時には着物を着用していきましょう。羽織物は中の着物とは異なり丈の調整が自分では中々難しいもの。サイズがあっていない上着はもっさりとした印象になってしまいます。

最初の時には着物と帯に目が行きがちで、上着はおさがりという人も多いかもしれませんが自分に合ったものを選べばよりステキなコーディネートを楽しめるアイテムです。好みや季節、訪問先に合わせてお気に入りの1枚を探してみてはいかがでしょうか。

どのような種類があるの?

便利なリバーシブルタイプ

着物や帯、小物などにお金をかけてしまって上着まではなかなか手が回らないという初心者の方はもちろん、出かける機会の多いミセスの方にも便利なのはリバーシブルタイプです。色や生地をこだわれば普段着用とフォーマル向けの両立をする事もできます。

和服の世界では黒は慶事でも着用できる色です。結婚式などかしこまった場所で使用する事ができるほか合わせやすい色でもありますので色に迷った時にも使いやすい色となっていますので迷った時には黒を選ぶのもよいでしょう。

落ち着いた印象になる無地を一色に選んだら、裏側は柄物にするというのもおすすめです。リバーシブルタイプは1枚で華やかな印象も落ち着いた雰囲気も出せる便利なアイテムです。

衿の形をこだわってみては

和装の上着にはいろいろなタイプの衿があるのはご存知でしょうか。道行衿以外の多くの外出着は洋服と同じ型紙で作られていて、千代田衿や都衿、ブラウスのようなデザインの被布衿など種類があります。

道中着で使われる衿の形は道中着衿が一般的ですが、オプションでへちま衿にできるようにしたりする人もいます。オーソドックスなタイプは大柄な人にも向いたデザイン。衿を着物のようにした着物衿はより上品な印象の仕上がりになっていますが、身丈に制限がありますので注意しましょう。

衿は上着の印象をかえる大事な要素の一つとなっています。衿ひとつで違った印象の着物になりますので、楽しみながらこだわってみてはいかがでしょうか。

飾り紐で個性を出してみませんか

道中着のポイントといえばなんといっても飾り紐にあります。飾り紐はお店で購入する方はもちろん着物愛好家の中では手作りでこだわる人もいるアイテムです。

飾り紐はデザインが豊富ですので、個性を出すのにはピッタリのアイテムです。三つ葉の形などはシンプルなデザインで色柄を問わないことからとても人気となっています。他にも8枚の布で花びらを作りくるみボタンで留めた気品のある花のデザインのものから、大きさのバランスが難しい茗荷むすびなど様々な種類が販売されています。

美しい着物の姿は小物のセンスで決まるとも言われています。上着も例外ではありません。お気に入りの飾り紐でより楽しい和服ライフを堪能してみて下さい。

道中着はどのような場面で使うの?

道中着は羽織と道行の間の位置にある和装の外出着です。羽織はジャケットのようなものですので室内で着ていてもかまいませんが、道行や道中着は外出着ですので部屋の中に入る時には脱ぐのが一般的です。

道中着は和装のコートなので上着として使います。風や雨、塵などで帯や着物を汚さない様にするだけではなく、寒を和らげるのこともができます。道中着は普段着として使われる事が多いですが、物によっては礼装としても使える便利な和装です。

特に紬や小紋などのカジュアルな着物にも合わせやすい和装です。無地はもちろん色柄にこだわると和装の普段着のバリエーションを増やす事もできますので数枚持っておくと和装の楽しみを増やす事ができます。

道中着の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装