お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

長襦袢のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

長襦袢の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、長襦袢の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

長襦袢とは?

和装における着物の下、肌着(もしくは肌襦袢)の上に着るものです。
下に着るものだからと侮るなかれ。
洋服のインナーと違い、長襦袢は着物を着ていても見えるものなのです。逆に言えば見せるものでもあります。
見えて当たり前ですので、お選びいただく際は慎重に、そして楽しく迷いたいものです。

和装着付けの要でもあります。
長襦袢が上手に着られれば、着物もそれに添ってくれますので、おのずと上手く着られるようになります。

あまり見えないものですが、袖口、振りなどからはけっこう見えるものです。
見えた時、ドキリとさせてしまうような長襦袢を着ていたいものです。そう思うといろいろ考えて迷ってしまうものです。
凝りだすと止まらないアイテムでもあります。

どのような種類があるの?

第一礼装和装には白でないとダメ

留袖(黒・色ともに)と喪服和装をされる際の長襦袢は白です。
留袖を着られる場合は、新郎新婦のご両親という立場だと思われるます。その時、白以外の長襦袢を着られていると恥ずかしい思いをします。
着物に関する知識がないという言い訳はこの場合は通用しないでしょう。本人に知識がなくとも、コーディネーターや着付けをされる人は知っているはずで、ご助言なさることと思います。その時はどうぞ、ご助言に従ってください。お母様自身の恥になることはおろか、新郎新婦にまで及んでしまいます。
ご自身に着物の知識がないからと言って、同じ場所に着物の知識がある人がいないとは限らないのです。
昨今の着物離れの憂いの1つになるでしょうか。

地紋にもお気を付け下さい

留袖(黒・色とも)には慶事柄、喪服には不祝儀柄です。
慶弔両用の柄もありますので、着られる際には確認されることをお勧めいたします。知らずに着たという言い訳は恥ずかしいですよね。

準礼装の訪問着や付下げ、色無地を着る時は色が付いているものでもかまいません。ただし、淡い色が上品だと思いますし、ほとんどが淡い色を着用されると思います。
振袖にも淡い色がいいと思います。未婚女性の第一礼装ですから白でもかまわないでしょう。
ただ、袖が長いので重めのものを選ばれるとよいと思います。あまり軽いと振りが大きく開いていますから、丈がピッタリのものでも丈が合っていないように振りから出てしまう恐れがあります。

小紋や紬などのカジュアル着物には

カジュアルな和装をされるのでしたら濃い色をお勧めします。もちろん薄い色でもかまいません。淡い色は優しくやわらかな雰囲気を醸し出してくれるものです。
紬は地味な色が多いので、濃い色をお選びになると目に鮮やかで、見た目にハッとされます。
ですが、そういうコントラストは時に目に痛いと感じることもあるので、加減が必要かと思います。
上手にコーディネートしてみてください。
色合わせの妙も楽しいものです。
そうなってくると、ひと通りの色が欲しくなってきます。お財布との兼ね合いが難しいところかもしれませんが、急ぐことはありませんのでコツコツ揃えていくのがいいでしょう。少しずつ増えていくのを実感するのもまた楽しいのです。

長襦袢はどのような場面で使うの?

基本的に上に着る着物と同じ衣替えと考えてかまいません。秋から春にはその時期用の、夏には夏用の長襦袢があります。
地球温暖化に伴い、着物の下にもう一枚なんて暑くて着ていられない、と思われる方もいらっしゃるでしょう。
衣替えの5月から6月にかけてなど夏日も始まっているところもあるでしょう。
そういう時は二部式襦袢(この場合、「長襦袢」ではありませんね)やうそつき襦袢と呼ばれる、袖と裾など着物を着ていても見える部分を長襦袢らしく見せて、残りの部分は晒しなど肌襦袢のようになっているものがあります。これですと、身頃の部分は一枚少なくなることになりますので、幾分過ごしやすくなるかと思います。
5月頃から長襦袢を夏用にしてもかまいません。

長襦袢の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装