お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

留袖のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

留袖の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、留袖の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

留袖とは?

既婚女性の第一礼装と定義されていますが、現在は未婚女性でも振袖を着るには気後れする方は着用されてもいい和装になっています。
黒留袖は基本的に5つ紋付となっており(というか5つ紋付のないものには滅多にお目にかかれません)、総比翼仕立てとなっています。
模様は裾だけにあり、裁ち目で繋がっている絵羽模様です。江戸褄とも言われます。
祝儀の際に着用する和装で、身内の結婚式や仲人の場合などに着用します。
着る機会も滅多にないと思いますが、憧れの着物ではあります。黒留袖はピリリとしまり粋な雰囲気を出してくれますし、なによりそんなに着る機会もないものですから身が引き締まる思いもする。そんな着物です。
もっとも格の高い和装となります。

どのような種類があるの?

第一礼装であるがゆえの特徴

黒留袖は第一礼装です。未婚女性にとっての振袖に当たります。
数十年ほど前は下に羽二重の下着を重ねて着用されていました。慶事が重なりますように、というおめでたい意味合いが込められていました。
時代が進みますと、着物を2枚重ねて着ることが現実的じゃないと考えられるようになり、羽二重の下着を省かれるようになりました。
それでも、おめでたい意味合いである「かさね」は残したいということで、袖と衿から褄下にかけて着物を重ねて着ているように見えるように白い布を付けるようになったと言われています。それが「比翼」であり、黒留袖のほとんどが比翼のつけられた「比翼仕立て」と言われる仕立て方法となっています。

黒ではない留袖である色留袖

黒ではないものもあります。
既婚・未婚を問わずに着用できる和装として便利ともいえる着物です。
ですが、黒ほどの需要はないかもしれません。
最近は晩婚化していることもあり、未婚女性で振袖を着るにはちょっと気後れしてしまう方が着用するのにピッタリかもしれません。
親族の結婚式には黒と同じ小物をあしらえば同等の格になります。その場合、5つ紋は必須です。
着用の幅を広げるために、あえて紋の数を減らしてお仕立てなさることもあるようです。さすがに紋無しというのはないようです。紋がないと訪問着と同格になりますので、訪問着をお持ちの場合ですと、紋を入れておく方が良いでしょう。
黒と同格程度にする場合は伊達衿などで対応できます。

和装されることが少なくなった今だからこそ

着物の模様は多種多様です。
そんな中でも、留袖に使われる模様はおめでたいものばかりで見ていて飽きることがありません。こんなもの模様があったんだ、これがどうしておめでたい模様なんだろうと調べていくのも楽しいものです。
日本の伝統が着物には詰まっています。
昔の人がこれを模様にした経緯などを考えたり調べたりするのも着物の楽しみのひとつです。
着物は日本の伝統を知るのにピッタリな衣服であり、それを纏える私たちはとても幸せだと思います。
その日本の伝統模様がギュッとつまったおめでたい着物を、着物着る人が減っている今だからこそ、誂えて着るのもよいのではないでしょうか。自分だけの慶事のお着物。素敵ではありませんか。

留袖はどのような場面で使うの?

黒は結婚式でしか着用できないのが普通のお考えかと思います。
特殊な場合ですと、芸妓さんや芸者さんが着られていますが、この場合、除外しましょう。
おめでたい席に着用できる着物ですから、生涯に着る回数は少ないかもしれません。しかし、いざ着る時なって、ご自身のサイズに合った着物があるのとないのとでは、気持ちの持ちようが違ってくるのではないでしょうか。
歳月が経つとご自身の体格が変わって着られなくなるという懸念もあるかもしれませんが、着物は多少の融通が利きます。それが着物の利点です。
模様も洋服と違って流行り廃りがほぼ無いと言ってもいいくらいですから、1世代前に作った着物を着てもおかしくありません。
着物は素晴らしい民族衣装なのです。

留袖の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装