お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

浴衣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

浴衣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、浴衣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

浴衣とは?

平安時代に沐浴をする際に着用した「湯帷子(ゆかたびら)」が原型とされています。
安土桃山時代になると、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く知られるようになり、江戸時代には庶民の間で愛好される衣服になったそうです。
現在では夏の風物詩となっているように、7月8月に着られる和装となっています。
9月でも残暑厳しい日には着られているようです。
他の和装が絹であることに対し、浴衣や夏の和装は絹ではない素材のものが多いです。それは汗をかくため吸汗性の優れた綿や麻を用いた着物が多用されるからです。
浴衣は基本的に木綿です。
木綿素材でも織り方によってさまざまな素材があります。
着て行く目的によって選ばれればよいでしょう。

どのような種類があるの?

もっとも一般的なコーマ地

「ザ・浴衣」の代名詞と言っても過言ではないと思われる素材がコーマ地(あるいは綿コーマ)です。
「浴衣と言えばコーマの浴衣」と言われるほどです。
高度に精錬されたコーマ糸を使用しています。
特徴的に生地に凹凸がなく、木綿のさらしと言えばいいでしょうか。
染めは藍(色)のものが多く、柄は夏らしいものが多いです。
藍白のものが多いので、透け感があります。白地が多いものは昼間に着るより夜間に着用なさればいいでしょう。(昼間に着用されると下着が透けて見えるのです)
逆に藍色が多いものは昼間に着用して問題ありません。
温泉旅館などに用意されている浴衣もコーマだと思います。それくらい、浴衣としても代名詞なのです。

綿紅梅や綿絽は少し高級感

コーマの次に多いのは綿紅梅ではないでしょうか。
綿紅梅とは格子状に太い糸を織り込んだ生地に型染めしたものを言います。太い糸が凹凸を作り、素肌に着た時に汗が張り付かずに快適です。
凹凸を意味する「勾配」が転じて「紅梅」になったと言われています。
綿紅梅はいろいろな模様、色が使われていますので、昼夜を問わずに着ていただけるでしょう。
綿絽とは、生地に絽目(穴と言ってしまうのは乱暴ですが、小さな穴が規則正しく並んでいます)があるものです。絽目がありますから風通しがいいと言う利点があります。パッと見、正絹に見えてしまうと言う利点もあります。
どちらもコーマに比べればお値段は高めです。
それだけのことはあると思います。

綿紬や綿縮はさらに高級感

綿紬(めんつむぎ)、綿縮(めんちぢみ)はさらに高級感があります。
綿紬は木綿糸を先染めして織った生地です。ハリがあってしっかりしているので体の線が出にくいようです。厚手なので、体の線は出にくいかもしれませんが、着にくいかもしれません。それもまた綿紬の特徴です。
綿縮は強い撚りをかけた木綿糸を使って織った生地です。表面に縮んだシワができているのが特徴です。もともとシワがあるのですから、「高級なものが汗などでシワになるのが嫌」とお考えの方に良いかでしょう。シワがあるのですから生地に凹凸があります。汗で張り付くことなく快適に過ごせます。
綿紬と綿縮は綿紅梅や綿絽よりさらに高めのお値段設定になっているようです。

浴衣はどのような場面で使うの?

素材には木綿だけではありません
麻を使用しているものもあります。その多くが綿麻混紡だと思います。すべて麻になると違うお着物になってしまうという和装の少し難しいルールがあります。
綿麻混紡は麻のシャリ感がありますので、生地がしっかりしています。厚手というほど厚手にはなりません。麻は吸汗性に優れておりますので、過ごしやすいものになっています。
たくさんの織り方があって、素材も1つだけではない浴衣は、和装の中でも特殊かもしれません。
和装に興味がおありでしたら、浴衣から着られるようになれば良いかと思います。他の和装と違い長襦袢が要らず、小物の少なめで着付けもいちばん簡単です。
素敵な和装の世界が待っていますよ。

浴衣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装