お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

訪問着のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

訪問着の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、訪問着の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

訪問着とは?

未婚・既婚を問わず着られることのできる留袖に次ぐ礼装です。
模様が右肩後ろ、左肩前、裾、衿、袖にあり、裁ち目で繋がっている絵羽模様になっています。
白生地の反物を一度着物の形にしてから模様の位置を決めて描くため、裁ち目で模様が繋がっているのが特徴です。
模様に切れ目がないため、奥行きのある着物となり、大変美しいものです。
模様も豪華で品の高いものが多く、ある程度の格のある席に着用されるのが相応しい和装です。
具体的に結婚式や披露宴などに着用されるのがいいでしょう。
紋を付ければさらに格が上がりますが、あまり格を上げすぎると着て行ける場所を狭めてしまうので、紋は入れない方が少々幅広く着用できるのではないでしょう。

どのような種類があるの?

ごくごく一般的な訪問着

着物に興味がない人でも、見れば綺麗だなと思うものが訪問着ではないでしょうか。
着物に興味がある人は、一枚は欲しい着物、あるいは最初に欲しい着物ではないかと思います。
綺麗な着物は持っているだけで嬉しいものです。それを何回も着られれば、嬉しさも倍増でしょう。
一般的なものは落ち着いた地色に、古典的な模様が描かれています。
模様の量はその模様にもよりますが、着物一面(ただし訪問着として模様がある場所に限ります)にある場合と、少し控えめにある場合とあります。
和装されるTPOによって選ばれればよいでしょう。ご自身がやや主役級やホスト側なら豪華なもの、主役がお子様や招待される側でしたら控えめなものがいいかと思います。

正装というより盛装の訪問着

「華やかさ」という点では右に出る着物はないかと思います。
一般的なものと違い、「豪華さ」を前面に出している着物です。
これはもう、ホスト側のパーティー用の着物と言ってしまってもいいのではないかと思います。
こういったものは模様も古典柄ではなく、もっと凝っておめでたい模様やモダンな模様が着物いっぱいに描かれています。
かと言って、振袖ほどの可愛らしさは少々控えめです。模様の系統は振袖に近いものがありますが、さらに大人の和装にピッタリな模様です。色も抑え目でありながら主張ある色を使っていて目を楽しませてくれることは間違いありません。
洋服のドレスにも見劣りしない華やかな和装となるでしょう。

最近作られるようになった紬の訪問着

訪問着は「式」と名のつく場所に着られる礼装ですので、基本的に紬は着ることができません。
しかし、最近は後染めの紬の訪問着が作られるようになっています。紬には紬の良さがあります。それを知ってもらうために紬の可能性を拡げるためにもあっていいと思います。
紬のものは、それでも「式」の名のつく場所には着て行かれない方がよいでしょう。カテゴリー的には間違っていなくとも、素材が紬ですので、見る人が見れば分かりますし、それを分かって着られているご自身も気持ちの落ち着かないものだと思います。
紬のものはちょっとしたお出掛け用の和装にされればよいでしょう。素朴な味わいのある紬ですから素敵な和装になるでしょう。

訪問着はどのような場面で使うの?

一般的に「式」の名のつく場所、結婚式、お子様の入学式・卒業式、授賞式などに着用なさってくださればよいでしょう。
さらに詳しく言うならば、結婚式でも招待する側とされる側での着こなしは少し異なります。招待する側はできるだけ格上のものでなければなりませんから、訪問着を着用されるのであれば、紋の入ったものにし、帯も豪華なものを選ばれればよいでしょう。
招待される側は、あまり格のことは気にしないで良いかと思います。主役との関係性もありますが、訪問着を着て行かれるだけで場が華やかになりますから、親族側に喜ばれるものです。
お子様の学校行事で着用される場合は、主役はお子様ですので少し控えめなものがよろしいかと思います。

訪問着の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装