お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

紋付のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

紋付の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、紋付の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

紋付とは?

紋付とは、家紋の入った着物のことです。
留袖や喪服など、礼装用の和服に入っています。
一つ紋、三つ紋、五つ紋と紋の数が多いほど、着物の格が高くなります。
しかし、未婚女性の正装である振袖は、本来であれば五つ紋をする入れるのですが、着物全体に柄が入っているため、現在では省略されることがほとんどです。
他にも、しゃれ紋といわれる、デザインを重視した紋を入れる場合もあります。
これは、家紋を花や葉を使いアレンジしたデザインを入れるものです。
しゃれ紋は紋付であっても、格は変わらないので、あくまでもオシャレを楽しむものとなります。
若い人で和装を楽しむ人の中には、オリジナリティーを出すポイントとして使用する人もいます。

どのような種類があるの?

最も格式の高い五つ紋

五つ紋とは、背中に一つ、両袖の後ろ側に各一つずつ、両胸に一つずつの計五つの紋が付いている着物のことです。
和装の中では五つ紋が最も格式の高いものとされていて、結婚式に新郎新婦の母親が着る、黒留袖に入っています。
黒留袖は上半身は黒無地ですが、下半身に華やかな柄が入っていて、晴れの舞台にも見合うようになっています。
また、色留袖でも五つ紋を入れる場合があります。
基本的には黒留袖と色留袖は同格とされていますが、色留袖は三つ紋までにすることが多いです。
五つ紋の色留袖は振袖同様に未婚の第一礼装とされることが多いです。
既婚女性でも着ることができるので、表彰式などの華やかな舞台には適した着物です。

式典に適している三つ紋

三つ紋とは、五つ紋から両胸の紋が省かれたものです。
五つ紋よりも格が下になりますが、準礼装として様々な場面で使用できます。
最も適しているのが、子供の入学式や卒業式などの式典です。
最近では和装で出席する人は減ってきましたが、入学式や卒業式といった式典には、三つ紋の色留袖が、ちょうど良い華やかさと格式の高さがあるといえます。
五つ紋よりは格が下がりますが、着物の中では格の高いものです。
結納などの場でも使えるのが三つ紋です。
また色無地の場合では、三つ紋の色無地は紋なしの訪問着よりも格が上とされています。
紋入りの色無地は、かしこまった場で相手を引き立てる力があります。
帯や小物は留袖と同様のものが良いでしょう。

幅広い場面で使える一つ紋

一つ紋とは、背中に一つ紋が入っている着物です。
色無地や江戸小紋の一つ紋は、着物が無地なことから、紋の有る無しで格が決まります。
そのため、染め抜き一つ紋が入っていると略礼装の着物となり、子供の七五三や式典にも使えます。
また寒色系の地味な色の色無地の一つ紋は、喪の帯と合わせることで、法事や偲ぶ会などの半喪の場にも着ていけます。
留袖の一つ紋は、訪問着と同格の扱いになります。
そのため、パーティーや披露宴には適していますが、親族として結婚式に出席するには、少し格が低すぎてしまいます。
お茶会やお食事会などにお呼ばれした際には、程よい格の高さで適しています。
紋付の和装の中では、一番普段着に近く使えます。

紋付はどのような場面で使うの?

最近では和装をして出掛ける習慣が減ってしまい、紋付・紋なしへのこだわりも薄れてしまっています。
新郎新婦が紋付袴に白無垢を着て、参列者も紋付の留袖をきていると、日本独特の美しさと、かしこまった雰囲気で良いものです。
また友人の結婚式に参加する際にも和装の人がいるだけで、その式の格が上がるようなら雰囲気になります。
着物は洋服と違い、着物自体に格式や着ることの出来る場面が表されています。
同じ着物であっても、帯や襟などの小物の合わせ方によって、着ていける場面も変わります。
特に紋付着物は、家系ごとのオリジナルと言えるものです。
かしこまった場面で着物を着られるように、紋付着物を持っておくことも、大切なことです。

紋付の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装