お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

下駄のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

下駄の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、下駄の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

下駄とは?

和装の履物には大まかに分類して下駄、草履、雪駄の三種類に分けられます。
下駄は、平たい木の裏の面に対して直角に木の歯を取り付けて、表の面に鼻緒を取り付けた和装の履物で、足駄とも呼ばれています。
昔は水辺で作業をするための履物でしたが、江戸時代に上流階級の武士の中ではやり、明治時代には庶民も履くようになりました。
大正時代には大はやりで、草履よりも人気が出ました。
男性向けの下駄は四角くて、足よりも幅が大きいので安定しています。
女性向けの下駄は小判のような足に近い形をしていて、足よりも幅が少し小さくなっています。
ちなみに草履は、和装の基本となる履き物で、日本の湿った気候によく合います。
平安時代では馴染みのある履物です。

どのような種類があるの?

駒下駄とはどんなものか

足に接する平たい板の事を台といい、前の歯も、後ろの歯も横から見ると「T」の字の形になっているものを「駒下駄」といいます。
男性向けのものは「大角」という台の幅が広いものと、「大下方」という台の幅が狭いものなどがあります。
女性向けのものは「芳町」という女性向けにしては台が割と四角いものと、「相丸」という台の幅が広くて丸いものなどがあります。
このように駒下駄の中には色々な形のものがありますが、歩きやすいというのが特徴です。
足駄で歩くときは、台を前に傾けて歩くと歩きやすくなるのですが、駒下駄の台の高さと歯の位置が、台を前に傾けやすい形になっているためです。
歩きやすいので、和装の初心者が好んで選んでいます。

のめりとはどんなものか

横から見たときに前の歯が「フ」の字を右に九十度傾けた形のように斜めに広がって台にくっついている形の足駄を「のめり」と言います。
前の歯がのめりになっていて、後ろの歯は横から見て「T」の字の形になっているものを「千両」といいます。
千両役者に好まれ、よく履かれていたためこの名が付いたと言われており、木の量が多いので長持ちしやすい履物です。
前の歯がのめりになっていて、後ろの歯は横から見ると「コ」の字を右に九十度傾けたような、台の同じ形の歯がくっついているものを「小町」といいます。
美人の名前に小町が付くように、未婚の若い娘が履いていて、木の量が多いために多少重いけれど、かなり長持ちする履物です。

右近とはどんなものか

木製のサンダルのような歯の高さがほとんどない形をしたものを「右近」といいます。
他の足駄では台の足に接する面は平らである事が多いのですが、右近は足の形に合わせて滑らかに曲がっていますので、足にフィットします。
最近のものは歩きやすいように接地面に滑り止めになる素材のものを貼りつけられています。
歯の高さがないため、サンダルのような普段慣れ親しんでいる履物に近いのと、滑り止めになる素材を貼りつけていることで、和装の初心者でも歩きやすいという実感を得られやすい履物です。
しかし足駄の正しい歩き方である台を前に傾ける歩き方はかえって難しくなるので、右近を引きずる歩き方になってしまいがちではあります。

下駄はどのような場面で使うの?

下駄や草履などの和装の履物は、靴とは異なり、かかとを出して履くのが正しい履き方になります。
かかとと小指が台から、ちょっとだけはみ出すくらいの大きさが歩きやすい大きさとされています。
足が全然はみ出さないのはサイズが大き過ぎます。
足の指も鼻緒の奥に突っ込むのではなく、少しだけ足の指の先を引っ掛けるくらいが正しい履き方になります。
足の指を奥まで突っ込んでしまうと、足駄の台と足の裏がペタペタとくっついたり離れたりして歩きづらくなります。
履き慣れないうちは鼻緒が窮屈だと思うかもしれませんが、徐々に慣れていきます。
また近頃、下駄のような鼻緒の付いた履物が足の健康に効果的であるということで注目されています。

下駄の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装