お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

着物ハンガーのを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

着物ハンガーの扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、着物ハンガーの処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

着物ハンガーとは?

着物は平らな状態で畳んで保存しておくのが型崩れしませんが、日常着るものであればすぐに着られるような場所に保管しておきたいものです。

このような場合に使うのが、着物ハンガーで、和装を楽しもうとするなら必ず用意しておく事が大切です。

着物ハンガーにかけておけば、着物にしわがよりにくい、袖や背中の直線の美しい線が崩れない、汗などを逃してくれるので臭いの対策にもなります。

和装には専用の着物ハンガーがあり、素材も木製のものから樹脂製など、用途に応じて使い分ける事も必要です。

着物ハンガーは130cm程度の物が多く、主に女性が使うので軽めのものが主体になっていてデザインも工夫がされ、帯などが掛けられる物も出回っています。

どのような種類があるの?

定番の木製着物ハンガー

着物を美しい形のまま保管し、しかもすぐに着られる状態でおけるのは、着物ハンガーが最も適した方法となっています。

着物の素材には絹や綿などの天然素材以外に、ポリエステルなどの物がありますが、和装全般に問題となる汗と汚れに的確に対処ができるのが、ハンガーに吊るすやり方です。

木製のものは吸湿性がある事から、着物の汗を逃す働きがあるので、樹脂製の物よりも着物に影響が起こりにくくなります。

天然素材なので、生地へのあたりが柔らかい為、布を傷めずにかけておく事ができますし、インテリアとしても上品で、使っていない時に部屋の中にあっても気になりません。

木材ではブナ材などが強度と見た目、白木の木目が美しい事で人気です。

組み立て式と折り畳み式着物ハンガー

木製のハンガーは美しい物ですが、和装を日常的にしているとたくさんのハンガーが必要で、木製で揃えると金額が高価になることから、徐々に樹脂製が主流となっていきました。

特に大きな原因となっているのは住環境の変化で、マンションなどでは和室が無く、着物をかけるのがクローゼットになる場合があり、大きな着物用は入らない事があるからです。

このような事から、使う時に組み立てたり、折り畳みができる着物ハンガーは便利であり、外出先でも持ち歩いて使う場所で使用できるので重宝です。

和装を教える着付け教室や美容室、写真館などでも、大半が収納する時に場所をとらない組み立て式や折り畳みハンガーを使用しています。

新しいデザインとしての着物ハンガー

木製や樹脂製の従来の着物ハンガーは、使う人の暮らしぶりの変化に伴って、インテリア的な魅力を加えたデザイン性の高い物が登場しています。

国内産の木材を使用し、着物が滑り落ちる従来のハンガーに改良を加えたり、ファッション雑誌とのコラボレーションで新製品を発売するなど、着物の新しい魅力を提案しています。

男性の着物利用者にとってもハンガーは女性の利用者が中心なので大きさや雰囲気が使いにくく、新しいデザインの流れを生み出す元になっています。

新しい使い方として、和装のトータルコーディネートのイベントなどで帯や腰紐などを一緒にかけておけるデザインや、フックの部分を工夫した物などが販売されています。

着物ハンガーはどのような場面で使うの?

着物の美しさを保つのが最も大きな目的となっていて、脱いでからすぐに、着物に汗や臭い、しわが残らないようにかけておきます。

外出する前や、新しく購入した着物の色やデザインのコーディネートを確認したい時にも、ハンガーにかけて帯や襟との組み合わせを考える場合に使います。

保管を簡単にする目的で使われていて、外出用と家の中でくつろぐ着物を分けて使いたい場合にも、ハンガーを使っていればそのままそれぞれの着物をかけておく事が可能です。

外出先で洋服と着物を着替える場合にも便利で、折り畳みや組み立て式ハンガーを使って、運ぶ時にできる畳みしわをとる目的で使います。

美しい着物をインテリアとして楽しみたい場合にも、ハンガーを使う事があります。

着物ハンガーの処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装