お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

付下げのを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

付下げの扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、付下げの処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

付下げとは?

付下げ(つけさげ)とは、和装における訪問着を簡略化した準礼装の着物を言います。
昭和初期の戦時中、訪問着が禁制品になったことにより誕生したと言われています。
禁制品に抵触しない訪問着の代用品として生まれたわけですから、柄付けは訪問着よりも簡素です。飛び柄が主流だったそうです。
訪問着は反物を一度着物の形にしてから柄を付けていきます(絵羽柄と言います)が、付下げは反物の状態のまま着物になったとき模様の向きがすべて同じ方向になるように柄付けを行います。
当初は裁ち目で柄が繋がらない柄ゆきだったため仕立て上がりで見分けが容易だったそうですが、現在では、裁ち目で柄が繋がったものも作られており、訪問着との差がなくって来ています。

どのような種類があるの?

本来の柄ゆきと柄付け

付下げが登場した頃の時代は戦時中。
訪問着が禁制品になったわけですから、訪問着を超える豪華な着物は作れないわけです。それでも、改まった席にはちゃんとした和装がしたいと思うのは当然でしょう。
小紋では物足りない。でも訪問着は着られない。じゃあ、小紋と訪問着の間の和装ができるような着物を作ろう、としてできたのが付下げです。
禁制品に抵触しないように柄付けは控えめです。当初の柄ゆきは飛び柄がほとんどだったようです。
小紋のように柄の向きが反物の状態で一方向で着物全体に柄があるのでなく、柄の向きは着物になった時にすべて同じ方向で、柄ゆきは訪問着と同じく右後ろ左前としたものが本来の付下げと言ってよいでしょう。

訪問着と同じ柄付けのもの

付下げと訪問着の違いは柄を付ける時の反物の状態です。
訪問着の柄付けは反物から一度着物の形にしてから柄を描いていきます。
対して付下げは反物の状態のまま柄を付けていくのです。着物になった時、柄の方向がすべて同じ方向になるように柄付けしていきます。着物の形にしないので、裁ち目で柄が繋がらない飛び柄が主流でしたが、現在は裁ち目で柄が繋がっているものも作られるようになりました。
「付下げ訪問着」と言うこともあります。
一度着物の形にしない分、手間がかからないので訪問着よりはお求めやすい値段になっています。着物に仕立てあがれば、どちらも見分けがつかないということもありますので、付下げの方がお得かもしれません。

小紋と同格または少し上のもの

小紋とは反物全体に柄付けされているもので、柄の方向がすべて同じものが繰り返し染められているものです。訪問着との大きな違いは柄の向きが反物の状態で一方向となっているので、着物の形になった時に柄の向きに統一性がないことです。
それに反し、柄の向きに統一性のあるものがあります。
肩山、袖山を境に柄の向きが変えられて染められています。柄付けが訪問着や付け下げと同じことから「付下げ小紋」と言われています。
「つけさげ」と言われてはいますが、柄が着物全体に入っていることから、カテゴリーとしては小紋に分類されます。
小紋ではありますが、柄付けにおいて少し格上げされます。
小紋のように反物全体に柄付けしたものもあります。

付下げはどのような場面で使うの?

着物になってしまえば訪問着と同じではありますが、格は少し下になります。
柄ゆき次第で格は上下します。
訪問着と同じような模様が繋がっているものでしたら、お友達の結婚式にも着て行けます。
飛び柄の柄付けで少し控えめなものでしたら、お子様の入卒式や七五三など、お食事会や観劇などに装われてもいいでしょう。
訪問着ほど格式ばらないけれども、小紋よりもきちんと感が出る。便利な和装ではないかと思います。
控えめな柄ゆきのものでしたら、街着にされても素敵です。
訪問着との見分けがつきにくいことは和装している身としては嬉しいのではないでしょうか。訪問着と同じ格になりえつつ、訪問着よりもリーズナブルなのですから。
素敵な和装になると思います。

付下げの処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装