お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

扇子のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

扇子の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、扇子の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

扇子とは?

扇子の種類には大まかに分類すると、薄い板を綴っている物と、骨と骨の間に紙を貼っている物、骨と骨の間に絹などの布地を貼っている物になります。
薄い板を綴っている物は涼を取ったり、装飾に使ったりする「白檀扇」というものと、儀式に使ったり、装飾に使ったりする桧扇というものがあります。
紙を貼っている物には、涼を取ったり、装飾に使ったりする「夏扇」や、茶道に使う「茶扇」、舞踊に使う「舞扇」、婚礼の儀式に使う「祝儀扇」、人形の飾り付けに使う「豆扇」、能や狂言に使う「能扇」、儀式に使う「有職扇」、香道に使う「香扇」などがあります。
絹などの布地を貼っている物は、「絹扇」といいます。
使い道により色々種類が用意されています。

どのような種類があるの?

起源となる扇について

桧扇は桧の木簡から発展して扇の形に綴って、木片の先を絹糸で編んだ板扇で、表側に金箔や銀箔を散りばめ、宮中の儀式のときに使われていました。
当初は男性が持つ物とされていましたが、次第に女性も桧扇を使い始めます。
そして女性らしい草花や人物などの絵柄が描かれ始め、綺麗な糸を垂らすようになります。
雛人形が持っているのも桧扇です。
桧扇の後は蝙幅扇という紙扇が作られ始めるようになります。
扇骨に竹を使い、片面にだけ紙を貼っているものです。
初めのうちは骨が五本位しかない簡単なものでしたが、徐々にその数を増やしていきます。
とても華やかな扇で、愛し合う男女の間でこの蝙幅扇が交換される風習がありました。

世界に広がる扇の文化

やがて、日本国内で発展していった扇子が中国に輸出されて、さらにシルクロードを経てヨーロッパに伝わっていきました。
ヨーロッパの社交場で扇子は人気となり、ヨーロッパでアレンジされていきました。
扇の骨に象牙やべっこうを使ったり、骨と骨の間に絹を貼りつけた絹扇に発展していきます。
後に、絹扇は日本に逆輸入されて、また日本で独自のアレンジが加えられて絹扇は、さらに発展していきます。
白檀扇は、白檀の木片を重ねて束ねた板扇のことです。
板扇に透かし彫りを施したり、絵を描いたりして飾りつけたものです。
涼を取るために使うよりも、白檀の木片が持つ、お線香で馴染みのある上品な香りを楽しむために持つ板扇です。

様々な場面で使われる扇

能扇は猿楽や能楽などの芸能の舞台で使われるようになり発展していった紙扇のことです。
流派によって扇骨や絵柄に古くからの決まり事がたくさんあります。
見た目も、とても華やかな扇子になります。
舞扇は能扇と同じく室町時代以降に発展していった芸能の舞台で使われている紙扇のことです。
舞扇は目覚しい発展で芸術的工芸品として扱われるほどになった飾り扇として、よく知られています。
絵柄は雲や霞などの自然を描写したものがたくさんあります。
茶席扇は室町時代以降に茶道と一緒に発展していき、お茶の席で使われる紙扇のことです。
祝儀扇は冠婚葬祭で使われる扇子のことです。
伝統的な縁起物なので色々な決まり事があります。

扇子はどのような場面で使うの?

和装の小物である扇子は、二つの役目があります。
一つは、涼をとる為で、初めは全部木でできていて、三十センチ程の大きさでしたが、竹と紙で作られるようになってからは、暑さを扇いだ風で涼を取る目的で使うようになっています。
今でも夏の代名詞といえば浴衣などの涼しげな和装に団扇や扇子がよく合います。
もう一つは、装飾品としてで、平安時代では貴族が正装するときに欠かせないものでした。
また、茶の席では染めの着物の和装に茶席扇を合わせます。
香道の席呼ばれた場合は染めの着物の和装に香扇を合わせます。
今では、和装の冠婚葬祭で祝儀扇が使われています。
団扇はいつでも誰でも日常的に使っていますが、扇子は改まった場所で使われることが多いです。

扇子の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装