お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

草履 のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

草履の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、草履の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

草履 とは?

和装の伝統的な履物の一つである草履は、下駄より格が高く、改まった場所で履くものです。
今の和装では、足袋を履いた上で履くときが多くなっていますが、本来は素足で履く物です。
素足で履くと解放感があり、足が蒸れることもないため快適な履き心地になります。
草履は合皮や革、布、畳などの素材でできています。
底に革を貼り、先の方に鼻緒が差し込まれています。
また、様々な種類があり、その中からお気に入りの物を選ぶことができるのが特徴になります。
底が平たく歯がないもので、底の重ね芯が幾重にも重なって厚さがあるものほど、格が高くなります。
振袖や留袖など改まった場所での和装に合わせるもので、浴衣のような軽装には合わないものとされています。

どのような種類があるの?

礼装用の草履について

草履は、履かれる場所などによって相応しい格が求められるため、様々な種類に分類できます。
格は使われている素材と形状で決められますが、かかとの高い形状ほど格が高くなっていきます。
留袖や振袖など礼装の着物に合わせる草履は、同じ色と同じ素材で台と鼻緒を揃える必要があります。
また、かかとは五センチメートルぐらいのものであることが必要です。
そして、蛇などの爬虫類の皮の素材のものは相応しくなく、布や皮革の素材のものに金銀が散りばめられた華やかな印象を与えるものや、佐賀錦のものなどが相応しいとされています。
振袖の着物は袖が長いので、バランスをとる意味でも、かかとが高い草履を選ぶ必要があります。

準礼装や、おしゃれ着などの場合

付け下げや訪問着などの準礼装の着物の和装に合わせる場合には、礼装の和装に合わせる場合よりも、少しくだけた遊び心のあるおしゃれな物がよく似合います。
アンサンブルの紬やウールなどのおしゃれ着の着物に合わせる場合は、特に制約がなく、色や素材、デザインはお好みのものを選ぶことができます。
とはいえ、金銀が入ったものは仰々しくて相応しくありません。
かかとの高さについても制約がないので、歩きやすい高さのものを選んでも問題ないことになります。
かかとの高さが五センチメートルより低いものの方が歩きやすいです。
葬儀に参列するために喪服の和装に合わせる場合は、黒い色の光沢のないものを選ぶ必要があります。

雪駄との違いについて

雪駄は雨や雪のときに水が浸み込まないように底に革を貼ったり、かかとに鋲を打ったりしているものです。
雪駄を履いて歩くと、かかとの鋲が、ちゃりんちゃりんと鳴って粋な履物として親しまれてきています。
ちょっと見ただけでは草履と雪駄の違いは分かりませんが、芯に違いがあります。
雪駄は重ね芯が草履の三分の一くらいの薄い物です。
表地は畳のようにい草を編んだもので、裏地には茶色い牛革が貼ってあります。
この裏地の茶色い牛革は象皮と呼ばれています。
また、雪駄には表地と裏地の間に入っている重ね芯と呼ばれるものが通し芯一枚、半月二枚より少ないのも特徴の一つになります。
そしてかかとの鋲も雪駄の特徴です。

草履 はどのような場面で使うの?

和装の格によって、履物の合わせ方に決まりがあります。
着物と履物がちぐはぐにならないように、台の色や素材、柄だけでなく、鼻緒の色や素材にも配慮することが必要です。
決め手がなく迷ってしまったときには、実際に手に取ってみて軽い方を選んでみるのも一つの方法です。
軽い方は芯の素材であるコルクがしっかり乾かされているということになるので履き心地が軽くない方と比べると、とても快適になります。
大きさはかかとより一センチメートルぐらい小さい方が一番綺麗に見える履き方になります。
改まった場でなければ、かかとの高さは二センチから三センチくらいまでの物が歩きやすいものになります。
原則として帯か帯締めの色に草履の色を合わせます。

草履の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装