お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

足袋のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

足袋の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、足袋の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

足袋とは?

和装の際に欠かせないもののひとつが足袋です。これは和装版の靴下で、つま先部分が親指と他の指の部分の2つに分かれているのが特徴的です。一般的に普及しているものには「こはぜ」と呼ばれる留め具がついていますが、これは江戸中期から普及したものです。このこはぜにより、足からずり落ちないようになっているのです。このほかにもいくつか種類があり、和装の際、靴下のように着用するものだけでなく、鳶職人の方やや大工の方などが使用する、地下足袋などは底の面が分厚くけがをしにくいものまで様々あります。
また最近では素足に近い履き心地や外反母趾の予防として、人気が出てきており、素材や柄などが凝ったものも多く販売されています。

どのような種類があるの?

基本について知ろう!

「足袋」という言葉を聞いて多くの人が思い出すのが白足袋ではないでしょうか。この中にも夏用の薄手生地のものや、裏が起毛しているタイプのものもあります。そして違いがあるとすれば「こはぜ」の枚数です。こはぜが4個ついているタイプと5個ついているタイプがあります。
5枚こはぜがついているものの方が全体の長さが少し長く足首が見えにくい為、踊りなどをしている方やフォーマルな席で足首をなるべく見せたくないという方には5枚こはぜの方がお薦めといえるでしょう。
対して4枚こはぜはゆったりと履くことができるので普段着に最適といえます。
微妙な違いではありますが、時と場所によって使い分けると便利です。

靴代わりになる地下足袋

単なる和装版の靴下と思われる方が多いと思いますが、丈夫な生地で作られた本体の底部にゴム底を貼り付け、直接屋外で履く事ができるようにした「地下足袋」といった種類のものがあります。
その歴史は江戸中期、裸足に草履で作業していた人々が足裏保護のために作られ室内用と屋外用に用途が分かれていったと言われています。
慣れると履きやすく素足に近い為、今でも職人の方が使用したりお祭りの際によく目にします。種類も増えてきており防水のものや山仕事で重宝されているスパイク付きのものなどもあります。決して、普段目にすることは多くないのですが、一般的な靴に比べ素足の感覚に近い為、今でも愛され使用され続けているのです。

お洒落に着こなす柄足袋

お洒落な呉服屋さんでも、目にすることが多くなった柄もののもあります。最近では有名なブランドとコラボしているものも増えています。礼装の際には適していませんが、普段着使いであればワンポイントに柄足袋を楽しむ人が増えているようです。いろんなデザインのものの他に生地も木綿以外のだったりベロア生地や麻生地など様々な種類のものがあります。着こなすポイントとしては、着物自体が柄物であったり、華やかなものの際はバランスが悪くなるため、着物とのデザインや色のバランスをみて選ぶことが大切となります。また、一般的にはやわらかい生地の着物とはあわせにくいものが多い為、紬やウールなど素材にもこだわってみるのもいいですね。

足袋はどのような場面で使うの?

やはり、一般的には和装の際に用意したり、着用することが多いでしょう。着物と合わせて用途や季節に合わせたものを着用することになります。そうなると普段の日常の中では少ないように感じることでしょう。ですが、最近普段着として、着物を楽しむ若い方も増えているのも事実です。少しお洒落な場所へお出かけしたり、古都などの観光地であれば着物を着ていることにより割引サービスを受けられるところもあります。まずは着物を着る機会を増やして、どんどん活用していきましょう。
また少し趣旨は異なりますが、地下足袋をモチーフにした靴や、靴下なども最近はよく目にするようになりました。そういったものから足袋に慣れていくのもいいかもしれませんね。

足袋の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装