お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

半襟のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

半襟の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、半襟の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

半襟とは?

長襦袢の衿に別布をあてて縫い付ける、その別布を「半襟(半衿とも)」と言います。
着物の衿部分でいちばん素肌に触れる場所であるため、汚れ防止のために替え衿を付けるようになったと言われています。長襦袢自体、絹ですからそうそう洗えるものではありませんので、衿だけ付け替えができるようにしているわけです。
幅15センチ、長さ108センチくらいのものです。

着物を着た時点では、見える範囲は少ないのですが、少ないだけにメリハリを利かせるのにとてもいいアイテムとなり得ます。
フォーマルな和装の時はある程度制約はありますが、カジュアル和装でしたらいろいろ試してみたりして遊べるので着物の色との兼ね合いを楽しむのも良いでしょう。

どのような種類があるの?

季節によって使い分け。

まず、季節によって素材も変わってきます。これは着物と同じです。
10月から5月は塩瀬、ちりめんなど透けない素材。冬はややふっくらしたちりめんが合うように思います。
6月と9月は着物は単の季節ですが、半衿に単はありませんので、半分半分くらいで冬春素材と夏素材を使い分ければいいでしょう。
楊柳はこの時期に使うのがぴったりです。
7月と8月は夏素材である絽や紗の半衿です。

最近、暦通りに着物の衣替えをするのが不適正になって来ていると言います。地球温暖化のせいで5月から単を着るようにもなると思いますが、半衿は暦に忠実でいましょう。冬素材のものであるからと言って涼しさがそう変わるものではありません。

フォーマルは定番の「白」

フォーマル和装の際に使用する半襟は「白」です。定番です。
一概に白と言っても様々です。
ふっくら感を出したいと思えば総絞りのものを使用されるといいでしょう。凹凸に影ができて遊べないフォーマルの半衿にメリハリが出るかもしれません。
重厚感を出したいならば、刺繍半衿がおすすめです。刺繍もフォーマルで使用するのですから糸は白が基本ですが、おめでたい席なら少しの金糸銀糸はあっても良いと思います。その方が華やかですものね。
振袖用は上記の限りではありません。振袖に使用するのはその振袖に合わせた半襟があるでしょうから、それを使用されていいと思います。多少の色つきは問題ないと思います。刺繍糸も色つきでもかまいません。

カジュアル用はもっとも遊べる

フォーマル和装にはいろいろ決まりがありますが、カジュアル和装はそんな決まりはありません。
自由に半襟をお選び下さって構いません。
これぞカジュアルの醍醐味かもしれません。
色を選ぶのはとても楽しいものです。ご自身のお顔映りを確認しながら着物の色との兼ね合いを考えて素敵な半衿をお選び下さい。
アンティーク着物には柄ものがお似合いになると思います。他の着物では出せない雰囲気が出せます。矢絣模様や市松模様などの伝統的な模様の半衿が似合うと思います。
小紋や紬などには刺繍の半衿も可愛いと思います。

最近は半衿も多種多様のものが出ています。それを試せるうってつけがカジュアル和装です。
いろんな半衿を試してみましょう。

半襟はどのような場面で使うの?

どのような場面と言うか、半襟は着物に必須です。
なくてはなりません。
なくても着られないわけではありませんが、物足らなさはあります。長襦袢がいつもより薄く感じてしまうでしょう。着姿の衿元が少しさびしいと思うかもしれません。

ひとつの欠点を挙げるとするならば、縫い付けなければならないことです。
裁縫が苦手な人には、越えなければいけない難関ですが、慣れればそんなに苦手意識を持つこともなくなりますし、億劫にも思えません。裁縫が苦手でも縫い目が見えるのはごくわずかです。そこだけ気を付ければいいのです。
便利な半襟もあるようで、両面テープで取り付けられるもの。ファスナー式のものなどもあるようです。今後もっと便利な半襟が出てくるかもしれません。

半襟の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装