お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

伊達衿のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

伊達衿の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、伊達衿の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

伊達衿とは?

和装をされる人でもあまり馴染みがない小物かもしれません。
和装初心者は半衿と混乱することもしばしばあります。ですが、伊達衿と半衿は別物です。
伊達衿は主にフォーマル和装時に使用します。
昔はフォーマルな着物を着る際に着物にもう一枚重ねて着用する習わしがあったそうです。おめでたい席なら「慶事が重なりますように」という意味合いもあったと言うことですが、現代では着物を2枚着るのは重苦しいということで着物を重ねることをやめ、その名残で重ねて着ているように見えるように衿に別布をあてるようになりました。
それが伊達衿です。
ちなみに、重ねて着ているように見えるよう衿以外の衽と袖口にも別布をあてて仕立てます。それが比翼仕立てと言います。

どのような種類があるの?

留袖や訪問着を着る際に使用する場合

今ではあまり見られなくなりましたが、以前はフォーマル和装をする際には長着に同じものを重ねて着ていました。
お母様やお祖母様の若い時分に誂えた留袖がもしかしたらその形態かもしれません。長襦袢や留袖とは別に白い着物があればそれが「下着」「かさね」と呼ばれるもので、伊達衿の元になったものです。

フォーマルで使用する伊達衿は「白」です。
色のついたものを使用するのは、少し格の下がった着物の場合や、ホスト側ではない場合でしょう。
留袖を着る場合ホスト側でしょうから、ほとんど白でしょうが、訪問着を着用する際に使用するのでしたら、招待された側なら白以外の伊達衿で華やかさを演出してもいいでしょう。

訪問着で使用する場合

留袖で使用する時は白と言いましたが、訪問着を着る際に使用するのは白以外でもかまいません。
ただし、結婚式で使用する場合、ホスト側でしたら白が無難です。
白は着物を格上げします。
伊達衿だけではなく、他の和装小物も、白を使えば、白以外よりも格が上がります。
結婚式のホスト側である場合、格上の和装をする必要があるわけですから、小物は白を使った方がよいでしょう。
それに対し、招待客である場合は、白以外のもので華やかさを演出するのもいいでしょう。フォーマルな席ですから半衿は白だと思います。その半衿と訪問着の間に差し色として有色のものはキリリ感が出て素敵になります。着てしまえば線一本ですが、意外に目立つものです。

振袖を着る際に使用する場合

振袖にだって使えます。
というより、振袖にこそ使ってほしいと思います。
現在ではいろんな振袖用の伊達衿があります。シンプルな単色のものから、ビーズで装飾されたものや十二単を着たように見える何色も重ねているものなど。
振袖用と書きましたが、他の訪問着にも使えるものも振袖に使って問題ありません。
ですが、振袖用の豪華な装飾が施されたものを訪問着に使用するのは控えた方がいいと思います。振袖用のモノは豪華すぎて訪問着など着物とのバランスが取れないと思います。
伊達衿に負けない豪華な訪問着でしたら問題ありませんが。
訪問着用などのものと違って種類も豊富で、迷ってしまうでしょう。その迷いさえも楽しいのです。

伊達衿はどのような場面で使うの?

何度も書きますが伊達衿はフォーマル和装に使用するものです。
小紋などのカジュアルな装いに使用するのは本来NGなのですが、小紋でも格の出る柄ゆきのもの、付け下げ風のもので、改まった席でなく、パーティなどへの出席なら使用してもいいかもしれません。
付け方にもコツがあって、慣れるまで少しの時間が必要かもしれません。専用のピンがありますが、着物の衿に付けるわけですが、シワが寄らないようにつけなければなりませんし、着る時にも少し注意が必要です。上手く綺麗な線で見えるように着付けましょう。
薄い色の着物には濃い色を持ってくると衿元がしまって見えて綺麗です。色半衿と一緒に使うのでしたら色合わせを考えるのも楽しいものです。
上手に使いましょう。

伊達衿の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装