お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

腰紐のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

腰紐の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、腰紐の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

腰紐とは?

着物を着る際には、必ず必要になる紐のことです。
和装のほとんどの場合、長襦袢用に1本、着物に2本、また着付けをするときの仮止め用として1~2本必要になってきます。
腰紐は和装には欠かせない重要な役割があります。
まず、腰紐でしっかり着付けをすることで着くずれを防ぎ、さらに着物の裾線を綺麗につくることも出来ます。
腰紐にも色々な種類があるので、留袖、振袖、訪問着などの重たい着物を着用するときには、馴染みがよく、すべりにくい素材を選ぶと良いでしょう。
また浴衣などの軽い装いには、薄手の紐を選んだほうが適しています。
腰紐は必ず使用するアイテムなので、様々な素材で少し多めに用意しておいたほうが、より便利でしょう。

どのような種類があるの?

正絹の着物にあう正絹腰紐

和装の代表的な素材が正絹です。
正絹の着物に、ポリエステルなどの素材を組み合わせると、あたる部分が傷みやすくなってしまうため、同素材で合わせるのが理想的です。
そのため正絹の紐は、着物に合わせた紐といえます。
絞り入りのものなどもあり、締りがよく、着物との相性も良いです。
また、薄手のものは、腰周りがすっきりと収まるので、綺麗な着こなしが可能です。
しかし、正絹はお手入れなどが若干面倒なものです。
また価格もポリエステルなどよりは高くなるので、本数が必要な場合には負担になります。
持っている着物の素材に合わせて、数本持っておくのには良いでしょう。
今では、綺麗な柄入りのものもあるので、チェックしてみましょう。

馴染みがよいモスリン腰紐

最もポピュラーで定番といっても良い素材です。
モスリンとは木綿と羊毛が混ざった素材です。
そのため、締めやすく、緩みもすくないので、着崩れしにくい紐です。
また木綿と羊毛から出来ているものなので、正絹の着物にも傷をつけにくいので、訪問着や留袖、振袖などにも使える紐です。
小紋などの普段着にも使いやすいので、とても幅広く使えます。
正絹の紐は幅が広いものが多いのに対し、モスリン紐は4センチ幅程度の袋状になっているものが多いです。
価格も正絹よりもお手ごろなので、本数をそろえるのにはとても重宝します。
ピンクなどの色物もありますが、色移りなどの心配もほとんど無く、またお手入れもしやすいのが特徴です。

使い勝手がよいゴムベルト

紐を結ぶと結び目が食い込んでしまって、前かがみになったときなどに痛いという人や、結んでいる間に着崩れてしまうという人には、ゴムベルトが向いています。
これは5センチ幅程度のゴムの先端にマジックテープがついているもので、紐の代わりにこのゴムで留めるものです。
紐のようにしっかりと締めることはできませんが、着ていて苦しくないので、長時間着ている場合には、とても着やすいでしょう。
また結び目などがないのも魅力です。
似たようなアイテムでアンダーベルトというものもあります。
これはゴムベルトよりも伸びる素材で金具で留めるタイプです。
こちらも、締め付け感がなく、着物での食事などにも対応しやすいです。

腰紐はどのような場面で使うの?

和装には必ず必要な腰紐ですが、着てしまうと見えなくなるものです。
そのため、自分が使いやすく、着ていて着心地がよいと感じる紐を選ぶのが一番良いでしょう。
和装は、その姿からとてもきっちりとした印象を与えます。
しかし上手に着こなすと、きっちりとした見た目でも、ゆったりとした着心地で過ごすことができます。
この着心地のよさを決めるのが、腰紐であると言っても過言ではありません。
他の人に着付けてもらうと、どうしても着崩れないようにきつく腰紐を結びがちですが、自分で着ると締め加減をコントロールできるので、とても楽に着ることができます。
和装はとても魅力的な装いです。
是非自分で着て、美しい立ち居振る舞いをしましょう。

腰紐の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装