お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

帯枕のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

帯枕の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、帯枕の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

帯枕とは?

着物を着るときに帯の形作りの補助を行う道具として、背中に当てて使うものです。
主に名古屋帯や袋帯でお太鼓結びをするときに使います。
振袖の袋帯でも使用する場合があります。
様々な大きさや形があり、その帯結びの形によって帯枕も変えていきます。
なかなか形の決まりにくい帯結びであっても、帯枕を使うことで、綺麗に形が整い後姿が決まります。
また、若い方と年配の方では、帯枕の種類を変えたほうが品のよい着こなしができる場合がありますので、自分に合ったサイズの帯枕を用意しておくと良いでしょう。
帯枕に一手間加えるだけで、帯結びが綺麗に決まりやすいコツもご紹介します。
帯結びが上手に結べない方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

どのような種類があるの?

お太鼓結びには「扇形」や「へちま型」

和装で一番よく使う帯結びが「お太鼓結び」です。
和装の際には後ろの顔とも言われる「お太鼓結び」ですが、綺麗に形が整うかは枕で決まります。
お太鼓結びは年齢や着物に合わせてその大きさや、高さを変えることで、雰囲気を変えることができる帯結びです。
一般的に若い人のお太鼓は、高さがあり大きく作ることが望まれるため、厚さのある「扇型」、年齢が進むと着心地が楽になる、薄めの「へちま型」などが用いられます。
若い人であっても、「へちま型」の枕で薄いお太鼓結びにすると、カジュアルな印象を与えるため、普段着として着るのには十分です。
逆に、訪問着など華やかに着こなしたい場合には高さのあるものを選ぶと良いでしょう。

振袖で変わり結びをするには「蛤型」

成人式などの際に着る振袖では、帯結びは華やかに仕上げます。
そのため、ふっくらとしたシルエットで高さも必要になります。
そのようなときに便利なのが「蛤型」です。
この枕は、他の枕に比べて、高さも大きさも大きいものです。
振袖の変わり結びの代表である、「ふくら雀」を結ぶときには必需品となるアイテムです。
この「蛤型」は横幅が丸みを帯びた小さめのもので、高さがあるという特徴があります。
そのため、ひだをたくさん作り、華やかな帯結びをする際にはとても便利ですが、お太鼓結びには横幅が足りず、さらに高さが出すぎてしまうので向きません。
逆に「扇型」などは横幅が大きすぎてしまうので、やはり専用の枕を用意しましょう。

帯枕を上手に使う一工夫

和装を学んでいて、帯結びを練習していても、なかなか形が綺麗に結べないという方は、枕に少し手を加えてみると良いかもしれません。
購入時の枕には、結ぶ紐が細いものやナイロンのものが多くあります。
これでは、形を決めて結んでも、緩んでしまったり、きつく感じてしまったりということが起きてしまいます。
ここで、枕を購入したら、まず長いガーゼで紐まで全てを覆ってしまいます。
こうすることで、背中から引き寄せたときにより密着して結べるので、着崩れ防止になります。
また枕部分が硬いものであれば、背中に当たる面にハンカチをたたんで入れておくと、背中へのフィット感がましてお太鼓の上部が綺麗に整いやすくなります。

帯枕はどのような場面で使うの?

このようにたくさんの場面で使える帯枕ですが、和装の際には、着物や帯の格によって帯結びの形や高さを変えるのが基本です。
年配の方であっても、袋帯でお太鼓結びをする際には、いつもよりも高めに大きく作ることで、着物の雰囲気にあった華やかな帯結びになります。
また若い方であっても、カジュアルな装いの際には、低めの小さめなお太鼓結びが向いています。
どのような帯結びであっても、枕で調節することができるので、いくつかサイズや形の違うものを持っているととても便利です。
和装は着ている人だけでなく、その場の雰囲気も華やかに、そして上品にしてくれるものです。
自分に合った道具を使って、気軽に着物を着て出かけてみてはいかがでしょう。

帯枕の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装