お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

帯留めのを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

帯留めの扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、帯留めの処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

帯留めとは?

和装の帯締めに通す飾りを「帯留め」と言います。
古くは、帯がほどけないようにする機能を持っていましたが、現在は装飾のために用いられます。

通常、平たい帯締めに通す形で用いられますが、帯締めの上から金具で押さえるクリップ式・開閉式の帯留めもあり、
紐通し式に比べて、厚みのある紐に使え、帯締めを締めた後にも装着できるというメリットがあります。

素材としては、素材は、珊瑚、翡翠などの天然石、ルビーやエメラルドなどの宝石、
琥珀、象牙、鼈甲(べっこう)、蒔絵などのほか、金属に七宝を施したもの、陶器、ガラス・トンボ玉など、様々です。

訪問着・付け下げ・色無地などの和装に用いられますが、喪服や茶会の席では避けるという考え方もあります。

どのような種類があるの?

トンボ玉(ガラス)の帯留め

涼しげなトンボ玉は、夏の和装の装いをいっそう涼しげに見せてくれます。
最近は、三分紐のほか、細い丸くみ紐の帯締めを使用し、浴衣に合わせた装いもみられます。

コロンとした丸いトンボ玉は涼やかさだけでなく、可愛らしさも演出することができます。
色合いも鮮やかなブルーやグリーンのほか、淡いピンクや橙色など、着物や帯の色柄に合わせて選ぶ楽しみもあります。
ガラスの上に、金・銀の衣装をあしらったものや、小さいトンボ玉の中に、花などの細かい模様を入れたものもあります。

トンボ玉の手作りの方法なども紹介されていますが、穴が小さいと紐を通らないこともあるので、和装小物を取り扱う店での購入がお勧めです。

蒔絵(まきえ)の帯留め

蒔絵は、漆の上に金銀の粉で模様を描いたり、貝を文様の形に透かし切りにしたものを貼ったりしたもので、伝統的な華やかさが魅力です。

黒地に金銀があしらわれたもののほか、朱色の上に模様が描かれたものもあります。
描かれる模様も、飛び鶴や亀などのおめでたい文様のほか、桜などの春にふさわしいもの、金魚や清流をモチーフにした夏にふさわしいもの、
紅葉などの秋にふさわしいもの、雪の結晶や椿などの冬にふさわしいものがあるので、
季節に合わせた装いを楽しむことができます。
形も、楕円や正円、正方形、長方形などさまざまです。

漆に金銀・螺鈿(らでん)があしらわれた蒔絵は、留袖などの礼装にもふさわしいといえます。

真珠や翡翠(ひすい)など、宝石の帯留め

重厚な宝石素材は、留袖などの、いわゆる「格の高い」和装に用いられます。

留袖には、ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルド・真珠の五大宝石もしくはアレキサンドライト・翡翠を加えた七大宝石のものがふさわしいとされています。

宝石の帯留めをまず一つ買うのであれば、品があり、どのような色柄の着物・帯にも合わせやすい、真珠の帯留めがお勧めです。色も、真っ白なものからシャンパンゴールドに寄ったものまでさまざまです。
小さな真珠が上品に並んだもののほか、花や葡萄などの形をあしらったデザインのものもあります。

翡翠や水晶の素材は、その涼しげな見た目から、夏の和装によりふさわしいと言えるでしょう。

帯留めはどのような場面で使うの?

黒留袖や振り袖には、帯留めが通らない丸ぐけの帯締めが用いられるため、通常、使いません。(帯留めをする際には、三分紐という細めの帯締めを使います。)
また、装飾品であるので、喪服の際にも避けたほうが無難でしょう。

それ以外でしたら、自分のセンスで、自由に楽しむので問題ありません。
帯留めは、洋装のブローチのようなものです。素材やモチーフも、カジュアルなものからフォーマルなものまでさまざまなので、同じ帯でも、少し印象を変えたいときや、その日の気分に合わせて、自分の好みでチョイスすることができます。

ただ、絽や紗などの夏着物には、トンボ玉や水晶など涼しげな見た目のものなど、季節に合わせた装いをするのが粋です。

帯留めの処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装