お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

帯揚げのを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

帯揚げの扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、帯揚げの処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

帯揚げとは?

帯揚げとは、着物などの和装の着付けに使う小道具の一つで、帯枕を包む道具です。
帯からちらりと覗くので、着物や帯と組み合わせを工夫すると、とてもおしゃれになります。
帯揚げの色で和装する人の個性が演出できます。
和装をする人の年齢にとっては多少派手な色のときでも、ちらりと覗くだけなので個性的なものに挑戦しても場の雰囲気を壊さずに主張ができます。
生地には縮緬、綸子、絞りなどを使います。
夏は風通しの良い絽や紗の生地を使います。
茶の席に呼ばれたときには渋めの色がよく合い、着物の地色に近い色で合わせます。
無地や江戸小紋の和装には綸子のぼかしを合わせたり、小紋のお稽古着の和装には無地のものを合わせたりと、着物の格で合わせます。

どのような種類があるの?

帯揚げの生地について

縮緬は絹織物の一種で、しぼという縮れ表面に浮き出ている生地のことです。
しぼは織られる糸の撚れ具合によって、織り上げられた生地の表面に浮かぶ凸凹のことをいいます。
綸子は染めの柔らかく、光沢がある生地のことです。
絞りは布の一部分を摘んで、摘んだところを括ったり、挟んだりして染まらないようにして柄になるように染めた物です。
絽は透けるように織ってある生地のことで、風通しが良いので夏に使います。
紗は搦み織の生地で、たて糸一本に対して二本のよこ糸を交差して織ります。
無地は染色されてない白生地や、文様がない一色染めの生地です。
江戸小紋は一色だけの型染めで、武士の裃の柄から始まった生地です。

基本的な結び方について

基本的な結び方は、まず帯揚げの左右の両端を幅が四分の一になるように折ります。
裏がえしにならないように気をつけて両耳が見えないように内側に折り込みます。
下側が山折の山側になるようにします。
山側の事を「わ」といいます。
そして帯揚げの真ん中を背中に当てて両端をお腹の方に持ってきます。
帯揚げの左端を上にしてお腹で交差させます。
交差させた左端を下から引っ掛けて上に持ち上げます。
上に持ち上げられた方を左手に、下になっている方を右手に持ち、左右を持ち替えてねじり戻して締めていきます。
片端を帯の中に押し込んでいき、もう片側を結び目を隠すように縦に巻いていきます。
余った部分はまた帯の中に押し込んでできあがりです。

礼装や準礼装の装いについて

綸子の総絞りのものは、若い方向けの礼正装に使い、振袖や袋帯に合わせた色を選びます。
白いものは礼装で使い、五つ紋の付いた留袖に合わせます。
茶の席での総絞りの帯揚げは相応しくないです。
若い人がお披露目として振袖を着るときは総絞りのものを合わせますが、そのときにも帯揚げが目立たない着付け方にします。
総絞りとは、生地全体を絞り染めにしたもののことです。
五つ紋付きとは背中と両袖の後側と両胸の五箇所に家紋を入れた着物です。
綸子のぼかしや部分絞りなどは、準礼装から外出のときまで幅広い場面で使うことができます。
茶の席の場などに一番相応しいものになります。
あまり帯揚げがはみ出さない着付け方にします。

帯揚げはどのような場面で使うの?

小さな柄が規則的な間隔をあけて施されている小紋柄や、金巾という綿織物に捺し付けて染めた更紗など様々な柄物はおしゃれ着に合わせて使います。
とくに無地や縞の紬などのおしゃれ着に合わせると、互いが互いを引き立たせてくれます。
茶の席の場では、一見無地に見える細かい柄物を使うことがあっても、一見して分かる大きな柄物はあまり相応しくないため使わないようにします。
柄物には他にも濃い色から淡色へのグラデーションを縞模様のように繰り返す段ぼかしや、沖縄伝統の型染め紅型、織り柄の一種で、二種類以上の色の糸を使って織物のたて方向やよこ方向、またはたてよこ両方に色々な筋を表した縞などがあります。
このように様々な和装に帯揚げを合わせて楽しめます。

帯揚げの処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装