お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

振袖のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

振袖の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、振袖の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

振袖とは?

袖の長い着物で、和装においての未婚女性の第一礼装となっています。
第一礼装とはフォーマルシーンにおいて一番格式の高い装いと言うことです。
既婚の女性ならば黒留袖や色留袖、あるいはシーンや立場によっては訪問着を着用することが同等の格式に当たります。
柄行は花鳥風月をあしらった、縫い目で柄がつながった絵画のような柄行の絵羽模様です。
金箔や刺繍の施された、とても豪華な着物です。
元々は花嫁の婚礼衣装として着られていた本振袖は、袖口や裾に綿を入れ、襟は重ねたように見える比翼仕立て、5つ紋を入れたまさに「重い」着物でした。
現在では袖の長い形だけを残し、未婚の女性が成人式や親族・友人の披露宴等で着ることがほとんどです。

どのような種類があるの?

最も格式の高い大振袖

本振袖を着なくなった現在では大振袖が未婚女性の最も格の高い和装となっています。袖丈が最も長く、114㎝前後のものを指します。114㎝とは大体くるぶし辺りにまでくる袖の長さです。
柄行は絵羽模様。季節の花々や蝶、鳥、風景、あるいは縁起物の小槌や琴、御所車など実に盛り沢山の柄となっています。これは着物を誂えることが少なくなった昨今、どの季節、どのハレの席にでも対応できるようにとの工夫から来ています。
長い袖と金箔や刺繍などで華やかさが更に強調されるこちらの着物には、その格に負けない帯を合わせることが和装の決まりとなっています。
金糸や銀糸が織り込まれた西陣織の袋帯などがベストマッチです。

小柄な女性に似合う中振袖

次いで格式があるとされている未婚女性の和装が中振袖です。
袖の長さは100㎝前後で、大体、ふくらはぎの辺りまでの長さだと考えればいいでしょう。
以前は成人式などに着用されたこちらの着物は、背の高い女性が多くなった昨今は、ほとんどの方は袖を長く誂えるため、あまり着用されなくなりました。
しかし、小柄な女性がスマートな着こなしを好むなら、袖の長すぎる袖の着物より少し短めの物を着用した方がすっきりとおしゃれな印象で着こなすことができるかも知れません。この場合、着用シーン、格式ともに第一礼装の扱いと考えて差し支えありません。
合わせる帯や草履、バッグ等の小物も礼装に相応しい華やかで格のあるものを選びましょう。

気軽に和装を楽しむ小振袖

袖の長さが85㎝前後のものを指し、大体、膝丈辺りの長さの物です。
現在では市販されることはほとんどなく、本当に着物の好きな方が何着も誂えた上で仕立てられることが多いようです。
こちらの着物は若干、おしゃれ着の色合いが強くなります。
柄行も絵羽模様から総柄の小紋等多様になってきますので着用シーンによって帯や小物の合わせ方も様々なパターンが選べます。
絵羽模様の着物に袋帯を合わせれば謝恩会や新年会など、小紋柄に名古屋帯や洒落帯を合わせて趣味の集まりや観劇などまた、卒業式の装いとして袴を合わせることもできます。
パーティなど気軽な集まりであればこちらは既婚の女性も着用することができるのも特徴の一つです。

振袖はどのような場面で使うの?

基本的には未婚女性の和装の第一礼装なのでそれに見合ったシーンでの着用になります。
大振袖ならご本人の結納のお席、親戚や親しい友人の結婚披露宴、成人式、大学の卒業式などのフォーマルシーンなどがそれに当たります。
中振袖も同等と考えて差し支えありません。
成人式では髪のセットや帯結び、小物使いを若々しく個性を出して、結納や披露宴など畏まったお席では少し控えめに品よくまとめてみてはいかがでしょう。
小振袖は謝恩会や結婚式の二次会、新年会などの晴れの席の和装としてワンピース感覚での着用がおすすめです。観劇や個展などに着用してもその場に華やぎを添えられるので主催者にとても喜ばれます。
着用シーンと着物の格を合わせれば和装ライフを楽しめます。

振袖の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装