お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

帯締めのを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

帯締めの扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、帯締めの処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

帯締めとは?

帯締めは着付けの時に使うもので帯を固定するために着付けの最後に帯の中央に締めて使います。帯締めがしっかり結べていないと帯が崩れてしまうので着物を着る時には大切な道具です。名古屋帯や袋帯などに使いますが半幅帯にも結び方により使われます。

ルーツは江戸時代に歌舞伎役者が衣装の崩れを防ぐために帯の上に締めた紐が始まりです。便利さから当時の女性たちの間で流行し庶民の間で帯締めとして定着し丸ぐけ紐が主流の時代でした。明治時代以降は組みひもが主流となり現在まで多く使われています。

江戸時代には短かった紐の長さも次第に長くなり四季のある日本では季節や着物にあわせてコーディネートされます。

着崩れを防ぐと同時に和装姿に必要なものです。

どのような種類があるの?

ポピュラーな平組の帯締め

平組の帯締めはポピュラーで締まりがよいので付け下げや訪問着などのよそ行きや紬などの普段着にも合わせる事ができます。組み方や構成によりよそ行き用と普段着用に分けて使いますが正装用には金銀が入っているものを使います。

夏用には薄く折ってありすきまがあるので涼し気に見える事が特色ですが最近では浴衣の時にも使われるようになりました。

夏用の着物に合わせて淡色の涼しそうな帯締めが多くあり単色の他多色使いのものもあります。

組みひもは中国から伝わりましたがその後日本で独自の発達を遂げた日本の伝統工芸で熟練の技術と集中力が必要です。染色された絹糸を様々な組み方で織る手法は糸の色彩や太さにより仕上がりに違いがあります。

手軽に利用できる丸ぐけ紐

丸組の帯締めは結び目を気にせずに締めれば形が整う事から初心者には扱いやすく手軽に締められます。色や太さによりよそ行き用の着物と普段着用の着物に使い分けますが夏の帯締めとしても利用ができます。

真ん中から左右の色が違うものは前で結んだ時の雰囲気が変わるのでカジュアルな着物に利用するとおしゃれに使う事ができます。

現代ではあまり使われていない留袖は振袖に使われる丸ぐけ紐もあり白い絹生地に綿を入れてくけてあり花嫁用には衣装にあわせてボリュームのあるものが使われます。

丸ぐけ紐は自分でも作れるので気に入った生地や残り布を利用して木綿の綿をいれてくけると作る事ができるので着物に合わせて作るとよいでしょう。

太さで分ける組みひもの種類

組みひもには太さでも種類が分かれており細紐、二分紐、三分紐、四分紐、五分紐に分かれ通常は五分の太さの紐を使います。五分紐は帯留めを使わず前で結んで締めますが帯留めを使うときには細い紐を使い一般的には三分紐が多く用いられています。

機械あみと手編みの両方があり現在は機械編みの組みひもが多く流通されており手編みの組みひもは熟練職人が作るので価格も高くなります。手づくりの組みひもは熟練された職人の経験と勘で作られるのでしなやかで締めやすく丈夫なつくりになっています。

細い組み紐に帯留めをした着物姿は和装姿をより引き立て着る人の個性も表せるものです。着物を素敵に着ることができるアイテムです。

帯締めはどのような場面で使うの?

帯締めは着付けのときに必要なものですが同時に和装姿を素敵に見せることができる大切な道具のひとつです。小さなものですがフォーマル用とカジュアル用があり和装姿をそれぞれのシーンで使い分けることができる大切なアイテムです。

平組や丸ぐけ、太さにより種類も豊富にあるので着物を着るシーンにより選ぶ楽しみもあります。選ぶ時には着物や帯の中から一色を選ぶと合わせやすいようですが帯締め1本で和装姿の雰囲気が変わるものです。

着物や帯と比較すると手軽に購入できる価格なのでいつのまにか本数が増えてしまいますが年齢や好みで不要になる事も多いものです。不要になったものは処分する前に着物買取の時に着物と一緒に出すとよいでしょう。

帯締めの処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装