お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

反物のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

反物の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、反物の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

反物とは?

呉服店などで、板状の芯に巻かれて置いてあるものが反物になります。
反物は、和装の生地になる織り物のことで、一反分の大きさは標準的なもので、幅が三十六センチメートルで、長さが十二メートルくらいです。
一反分の布から、着物を一着仕立てることができます。
長着を一着仕立てることができる長さと幅の物を着尺といい、羽織りを一着仕立てることができる長さと幅の物を羽尺といいます。
和装の寸法の長さの単位については、今では普通はメートル法を使いますが、和装においては今でも尺貫法を使っています。
和裁に関わってこなかった方には慣れていない単位になりますが、裄や身丈の長さを測るときや、長さを伝える時に尺貫法の寸法がわかっていると間違いないです。

どのような種類があるの?

反物に欠かせない尺貫法について

尺貫法には二種類あるので取り違えないように注意する必要があります。
一つ目は大工さんが建築などで使っている曲尺というものを使って測るもので、和裁には使われません。
二つ目は和裁士が着物を仕立てるのにつかう鯨尺というものを使って測るものです。
着物の寸法は、鯨尺というものを使って測りますが、東北の一部の地域では曲尺を使って測ることがあります。
鯨尺でよく使われる単位は「分」、「寸」、「尺」、「丈」の四種類です。
鯨尺をメートルに換算すると一分はおよそ3.78ミリ、一寸はおよそ3.78センチ、一尺はおよそ37.8センチ、一丈はおよそ3.78メートルです。
曲尺をメートルに換算すると一丈はおよそ3.03メートルです。

染めの反物の着物について

反物には、染めと織りがあります。
白生地というまっ白な生地を反物に織り上げてから染めるため、一般的に触り心地や風合いが柔らかい着物のことを、染めの着物といいます。
着物の格としては、染めの着物の方が織りの着物より上です。
織りの着物の紬は普通着や街着の和装に着られますが、近頃増えている紬地の訪問着などの染めの紬は柄の付け方により格式が高くなり、気取らないパーティなどの場に着る和装にできることがあります。
染めの着物の素材を挙げていくと、絹の素材は縮緬や羽二重、綸子、絽などがあります。
木綿の素材は浴衣地になります。
麻の素材は着尺地になります。
ウールの素材はシルクウール、紬ウールなどがあります。

織りの反物の着物について

織りの着物は織物になる前の糸に色を染め織物にするので、一般的に触り心地や風合いから硬い着物のことを、織りの着物といいます。
着物の格としては、織りは染めより格下になりますので、織りの着物の紬は普通着や街着になります。
織りの着物の素材を挙げていくと、絹の素材は紬や御召、紗などがあります。
木綿の素材は久留米絣や弓浜絣などの絣や、唐桟縞、阿波しじらなどがあります。
麻の素材は越後上布などの上布や、小千谷縮などの縮などがあります。
ウールの素材はウール御召があります。
紬ウール、シルクウールは染めの着物も織りの着物もあります。
近頃は化学繊維の素材の着物にも紬のような織り方の着物があります。

反物はどのような場面で使うの?

反物を買うときに、長着と羽織を一着ずつ仕立てるのに一反必要です。
長着と羽織に加えてアンサンブルも仕立てたいときには、もう一反買うか、アンサンブルを仕立てるための大きさの反物を買う必要があります。
また、裏地がついている袷の着物を仕立てたいときには、裏地ももう一反一緒に買う必要があるのですが、表地と裏地が組み合わされた反物も稀に置いてあることがあります。
とはいえ、着る人の身体の大きさにも左右されますので、身丈や裄などの寸法を正しく測っておく必要があります。
尺貫法に馴染んできたらメートルに換算しなくても、尺貫法でわかるようになると、着物が身近になります。
自身の着る着物の寸法は鯨尺の単位で覚えると良いでしょう。

反物の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装