お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

角帯のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

角帯の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、角帯の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

角帯とは?

男性が和装をするときに、角帯をびしっと締めると身が引き締まります。
角帯は男性が締める帯の一つで、幅が狭くて、堅い帯地の帯です。
長さはおよそ4メートルくらいで、幅はおよそ18センチから20センチくらいです。
織りの帯地を二つに折って、その間に帯芯を入れ仕立てます。
男性が締める帯には、兵児帯と角帯に分けられますが、兵児帯が紬着尺やウールアンサンブル、浴衣などといった普段着の和装などに合わせて締めるのに対して、角帯は袴下や改まった場での和装に合わせて締められます。
帯は、長着の上に腰紐か男締めを締めてから、その上に帯を巻いていきます。
お腹のまわりに巻くものだと思われがちですが、腰骨の上から巻くと正しい位置に締まります。

どのような種類があるの?

角帯の結び方の種類について

男性の帯の結び方には、一文字結びや貝の口結び、片ばさみ、双輪結び、片わな結びなど、様々な結び方がありますが、一番よく見られる結び方は、貝の口結びになります。
腹の帯はぐっと下げて、背中の帯は少し引き上げて締めると、男らしい雰囲気になり和装姿が引き立ちます。
結び目を背中の真ん中から少しだけ右脇に外すとより粋な印象になります。
帯を結ぶときに帯の片端を「手先」または手といい、もう片方を「垂れ」といいます。
結び始めになる端の方が手先となり、手先の端は帯の幅が半分になるように折っておきます。
反対側の結び目をつくる方が垂れになります。
どちらが手先でどちらが垂れになるかは、帯が逆さにならないように決めます。

貝の口結びの結び方1

貝の口結びはまず、角帯が逆さにならないように注意しながら、手先になる端を決め、帯の幅が半分になるように折ります。
折り方は帯の端から20センチから30センチくらいまでを半分に重ねて、その先を徐々に半分になった幅が戻るように斜めに折って、細長い三角になるようにすると、締めやすくなります。
また半分に折った折り目の方を「輪」といい、帯を腹にあてたとき、輪が下にくるようにして手先を左手に持っておきます。
しっかり手先をもったまま、帯を腰骨の上に巻いていきます。
体型によって個人差はありますが、三巻きぐらいで程よい長さの垂れが残る人が多いです。
そして垂れを内側に折り込んで長さを調整していきます。

貝の口結びの結び方2

垂れの長さが自分の腕の長さになるように折り込みます。
手先は胴に巻いてある帯の下に来るように引き下げ、垂れの方を右側から手先の下に潜らせて上に引き上げます。
垂れの残りを下ろして、五角形を作るように内側の左上方向に折り上げます。
そうすると左下に広がった垂れの輪っかができます。
次に手先右上に折り返して垂れの輪っかの左下に広がった入り口に通して右上の出口まで通します。
しっかり手先を引っぱって結び目を作ります。
結び目は緩みやすいため、しっかり引っぱって形を整えます。
最後に帯が乱れないように、巻きつけた帯を両手でぐいっと持ち上げます。
結び目は、背中の真ん中より少しだけ右側にずらして完成です。

角帯はどのような場面で使うの?

角帯は兵児帯よりも格式が高い和装に合わせます。
房がついた帯や、切り落としの帯は内に折って使います。
博多織や小倉織などの帯地が使われることが多いのですが、その他に紬や絽、緞子などといった帯地でも仕立てられています。
博多織は、福岡県福岡市の中でも主に博多地区で特産とされている絹織物のことです。
近頃は福岡市の周辺に産地が散らばりつつある状況です。
江戸時代に、福岡藩黒田氏が徳川将軍家に献上したことから、最高級品の物を特に献上博多などともいいます。
経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されています。
小倉織は、江戸時代の豊前小倉藩の特産物で、縦縞が特徴的な質がよい丈夫な木綿の織り物です。
豊前小倉藩は現在の福岡県北九州市に位置しています。

角帯の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装