お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

博多帯のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

博多帯の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、博多帯の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

博多帯とは?

「博多帯」とは、鎌倉時代に南宋の明州へと渡った聖一国師(しょういちこくし=静岡生まれの僧侶で、京都五山の一つである東福寺を開山した)と、満田弥左衛門(みつたやざえもん=13世紀に中国の宋へ渡った博多商人)が考案したとされる織物の技法の一つです。
この技法に工夫を凝らし改良させ、琥珀織のように地が厚くて浮線紋や柳紋などがある「覇家台織(はかたおり)」を作り出しました。これが現在の博多織の原形となっているものです。
江戸時代に入り慶長5年には、筑前を領有していた黒田長政が、幕府へ献上する品の中にこの博多織も含めたことで、それまでは江戸を中心に知られることのなかった博多の地名と、この献上博多帯が広く知られることとなりました。

どのような種類があるの?

「八寸 平織・五献上」

この「八寸 平織・五献上」は、博多帯の代表的な文様の一つである「五献上柄」をあしらった帯で、その献上柄をこの博多帯では5列に配置して、「五献上」としたものです。
この五献上帯の特徴は、和装であってもカジュアルに着こなしたいときや、粋で純和装らしく着こなしたいときなど、様々なシーンやスタイルでも楽しめる一品となっています。
また、和装小物とのコーディネートによって落ち着いた雰囲気の装いも可能であり、その演出法は多彩です。
献上柄とは、主に仏具の独鈷(どっこ)や華皿(はなざら)と縞をモチーフとしているのが特徴で、これには「家内安全」や「子孫繁栄」などの願いや意味が込められている、縁起の良い帯です。

「八寸 紋織・伊右衛門間道」

この博多帯は、博多織の原形を構築したと言われている「竹若伊右衛門」に因んで、博多織の老舗店が独自に開発した帯です。
この博多帯の特徴は、明治・大正時代の装飾品製作で取り入れられていた、「もじり織」という技法を忠実に復元して帯として再生させたもので、貴重な帯の一つです。
柄には名物裂(めいぶつぎれ=鎌倉時代から江戸時代にかけて中国から伝わった最高級織物の一つ)や正倉院などの文様がベースとなり、比較的落ち着きのある雰囲気の帯に仕上がっています。もじり織の程よい透け感と、ナナコ地の柔らかな風合いが心地良いのが特長です。
柄の選択によって、落ち着いた雰囲気から生命力を感じさせる力強さや優美さを感じられます。

「八寸 紋織 薫風・渓谷」

博多織の伝統的織技術の一つである「もじり織」を使用して織られた帯です。薫風は、通常よりも細い糸を使用し、また糸の数の通常よりも多く使用して織られています。これにより、織柄がより細かく鮮明に浮かび上がってくる効果があります。更に、横糸に金や銀の糸を使用することで、さりげなく光沢感を与えることができ仕上がりも上品になります。模様には「渓谷」の他に「流氷」や「斜陽」など、景色や情景を感じさせる作品名が付けられているものがあります。
作品により、上品さの中に包み込み包容力や、美しさと賢さを兼ね備えた端麗さなどを感じさせてくれるものなっており、和装とのコーディネート幅を広げることができる作品でもあります。

博多帯はどのような場面で使うの?

「博多帯」は約770年の歴史を盛った伝統的織物である「博多織」で作られた歴史ある帯です。和装も時代と共にその色合いや柄なども変化しています。近年の文様では、若い世代にも受け入れられる様なかわいらしいうさぎ柄やふわふわした子犬柄なども登場し、カジュアルにも和装を取り入れられやすい帯の製作を行ってもいます。
また、日本のみならず海外の様式や模様などを帯に取り入れるなど、斬新なアイデアの柄も登場しており、大胆かつモダンな柄が近年では高評価を受けています。
こうした博多帯は、どのような場面でも幅広いシーンで活躍することが可能で、存在感をしっかり出しながらも上品で端麗な雰囲気を持たせてくれる万能な帯でもあります。

博多帯の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装