お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

丸帯のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

丸帯の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、丸帯の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

丸帯とは?

丸帯とは最近では見かけなくなりましたが、非常にきらびやかで重厚さがあり、見た目通り華がある帯になります。そして、裏も表も同じ織り方になっており、だいたいが金や銀の糸を使用しています。そのため、見た目以上に重い帯でもあります。丸帯が流行ったのは江戸時代であり、その頃はとても人気がありました。当時は、歌舞伎が民衆の娯楽であり、その頃歌舞伎の娘役の方が結んでいた帯の結び方を参考に大流行したのです。そういった歴史からみると舞台上では派手な帯を付けることにより自分自身を主張するいわばファッションの装飾品の一部として取り入れられていたのでしょう。今でも和装し、丸帯を身に着けている人をみるととても気品があるように見えます。

どのような種類があるの?

丸帯の代表的な結び方

江戸時代で当時流行した結び型があります。それがだらり結びです。後ろから帯をみると、リボンが結んであるようにみえ、帯の柄がしっかり見える結び方です。私たちが想像する時代劇でみるような帯の結び方とは少し違います。帯が重いため自分で結ぶには難しいかもしれないですが、着付け教室や、美容室で結んでくれます。だらの結びには華があり、若い人には良く似合います。また、京都に観光へ行った際にみる舞子さんも、この結び方で町中を歩いています。丸帯といえばだらり結びという結び方が昔は大流行したのです。もちろん他の結び方もできますが、物によっては少し短いタイプもあるため帯の長さをしっかり確認して結びましょう。

丸帯を購入するにはどうすればいいか。

現代では袋帯が主流になっています。そのため生地や作成にコストも時間もかかる丸帯はあまり販売していません。ではどこで購入すればいいのかと悩んだときには、アンティークの帯がお勧めです。最近では若者のあいだでも和装ブームとなり、歌舞伎をみるためにわざわざ和装をして見るという方も増えています。そこで気軽に購入できる場所が古い着物を扱うアンティークの着物屋なのです。店舗へ行けない場合でもネットで販売している業者もあり、取り扱っている種類や柄が豊富です。高価な帯でも安く販売しているものもあり、是非アンティークの帯をはじめて購入するのであれば見てみるといいでしょう。こうして気軽に変えるのも今の時代ならではです。

丸帯に織られる様々な柄

和装するうえで、気になるのが帯の柄です。帯には様々な柄が用いられますが、金や銀で織られているため、その豪華さを際立たせるために大きな柄が用いられることが多いです。花鳥図絵と題された本金箔全通の帯がありますが、表と裏では織り方は同じでも使っている色が表が金、裏が銀と異なります。そして大きな菊、牡丹、鴛鴦が柄に取り入れられており、気品が漂う品です。また、大きな鶴が舞っている絵柄や、幾何学模様でも朱色や金を基調とした物が多く、和装する際には着物は地味でも帯で主張できるまとまりやすいスタイルが特徴なのです。まずはどんな柄がいいのか模様を調べたり、色を見たりと、自分で調べながら決めるのもとても楽しいです。

丸帯はどのような場面で使うの?

最近では丸帯は見なくなりましたが、現代でも振袖を着るときには使用しています。また、格式が帯の中でも高いため、それだけでなく婚礼の場や舞子さんや芸者さんも使用している帯でもあります。おめでたい場面では松竹梅が柄に入った帯や、鶴亀等縁起のよい柄を選んで結ぶといいでしょう。作品の一つとして有名なのが西陣織りでつくられた丸帯です。裏と表とで柄を違うもので作ってもらうと若いうちは表の柄で使用し、落ち着いた柄が似合うようになれば裏面帯を使うことができます。このように、もともとは高価な帯ですが1つもっていると婚礼の場にも使用でき、重宝します。また、貴重な品でもあるのです。長く使用し、自分の子供にも渡し使える帯です。

丸帯の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装