お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

なごや帯のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

なごや帯の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、なごや帯の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

なごや帯とは?

古来から日本では和装が代々受け継がれて今に至っています。
和装というとやはり着物になりますが、着物と一緒の帯も、和装には大切です。
帯一つ違うだけで着物全体の印象が、がらりと変わっていきます。
帯には色々な種類があるのですが、様々な帯のうちの一つになごや帯といわれている帯があります。
なごや帯とは、背中のお太鼓結びの部分を反物と同じ並幅にして、その他の胴などに巻いている部分を半幅に仕立てた女性向けの帯のことです。
大正七、八年くらいに名古屋で流行して、その後に全国に広がったといわれています。
帯の幅や、柄や仕立てによって様々な種類があり、訪問着や色無地から小紋や紬まで、色々な着物の和装に合わせることができます。

どのような種類があるの?

帯の幅による種類の違い

なごや帯には、帯の幅が九寸ものもと八寸のものがあります。
九寸なごやは、外出するときに付ける帯で最も広く付けられています。
袋帯はお太鼓を結ぶと、お太鼓の布が二重になるのですが、なごや帯は布が一重のお太鼓になります。
芯が入っていて太鼓の部分は引き返しの表裏仕立てで、太鼓以外の部分は裏なしの表地を二つ折りに仕立てます。
この帯は、仕立てていないときに幅が九寸あるので、九寸なごやといいます。
八寸なごやは、仕立てていないときに幅が八寸なので、八寸なごやといいます。
長さは九寸なごやと同じ長さになります。
芯は入っておらず、垂れから太鼓の引き返しの部分を両端でかがり合わせる仕立てになっています。

帯の柄による種類の違い

なごや帯には、柄によって織りなごやと染めなごやに分けられます。
織りなごやには金の糸や銀の糸を使った格調の高い文様の帯があり、訪問着や色無地などの着物に合わせることができる帯もありますが、礼装の扱いではなく略式の扱いになります。
塩瀬や縮緬など様々な生地に染めの技術で柄を付けた染めなごやは、しゃれ帯として、小紋や紬などの着物に合わせることが多いです。
そして、刺繍や箔などの技術を使った帯もあって、こちらの帯は染めなごやよりも格が上の帯となっています。
生地の材質や染めの技術を使っているかどうか、織りの技術を使っているかどうかによって色々な帯があって、他の帯より軽く扱いやすい帯です。

帯の仕立てによる種類の違い

なごや帯には何種類かの仕立てる方法があって、それぞれに形が違ってきます。
よく知られている仕立ての方法には、なごや仕立てや松葉仕立て、おそめ仕立て等が挙げられます。
なごや仕立ては、最もよく行われている仕立ての方法で、帯の胴に巻くところから手先までを半分に折る仕立ての方法になります。
松葉仕立ては、半分に折って仕立てるのは、手先のところだけになる方法です。
おそめ仕立ては、袋帯と同じように、たれから手先まで半分に折る仕立てをしないで、お太鼓と同じ並幅で仕立てる方法のことです。
帯の長さは袋帯より短くて、普通のなごや帯と同じ長さになっています。
おそめ仕立ての帯は袋なごやともよばれています。

なごや帯はどのような場面で使うの?

和装には、着物に格があるのはもちろん、小物や帯にも格があります。
和装に使われている帯には、なごや帯だけでなく、袋帯、京袋帯、単衣帯、半幅帯などがありますが、それぞれに格があり、合わせようとする着物の格によっては帯との格と合っていないちぐはぐなものになってしまいます。
織りなごやは、略礼装の格なので、略礼装の格の着物である訪問着や色無地などと合わせることができますが、礼装の格の花嫁衣裳や黒本振袖、黒留袖などに織りなごや合わせるのは相応しくないことになります。
普段用の染めなごやは、外出着の格なので、外出着の格の着物である小紋や紬などと合わせることができますが、略礼装の格の着物である訪問着と合わせるのは相応しくないことになります。

なごや帯の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装