お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

小紋のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

小紋の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、小紋の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

小紋とは?

古くからある和装は、基礎的な予備知識がなければ、和装の作法に合った着こなしにするのは難しいです。
着物には和装の作法があり、織りの着物と染めの着物では着こなす作法が違います。
着物の種類の一つに小紋という着物があります。
小紋とは、着物の一面に細かい文様を散りばめた物のことです。
または、細かい文様を型染めにした物のことです。
中には手書きの文様もあるのですが、ほとんどの物は型染めの文様になっています。
江戸時代には裃に用いられましたが、後に町家でも羽織や着物などに用いられるようになりました。
元々は、大紋や中紋という紋よりも細かい紋様であるという意味を示す言葉でしたが、今ではどんな紋様の大きさでも小紋といいます。

どのような種類があるの?

江戸小紋とはどんなものか

江戸小紋の柄には三役の鮫、行儀、角通しという代表的な柄があります。
三役の中でも鮫柄は代表的な柄で、光沢のある浜ちりめんの生地に鮫柄が染められた着物が最高級の着物であるといわれています。
少し離れたところから見ると無地の着物に見えるのですが、よく見てみると鮫文様が細かく染めてあって、着ている人が動くと浜ちりめんの光沢が光り、やわらかくてしっとりとした生地が高級感を演出します。
鮫柄は型紙を錐彫りという伝統的な手法で彫って染めます。
鮫柄には極鮫や中鮫、並鮫という種類があって、中でも極鮫は3センチ四方の型紙に九百個以上の穴を錐で開けるという物凄く細かい細工が施され最も格が高い着物です。

京小紋とはどんなものか

京小紋は京友禅ともいわれ、多種多彩な絵画のような文様を着物に表している染めの技術のことです。
この染めの技術は、江戸時代に行われていた色が染まらない糊を塗って、その後に引き染めにする染めの方法をもとにして、京都の祇園あたりに住んでいた扇絵師の宮崎友禅斎が、華麗な美しい絵を着物に描き加えて手描き友禅として確立したといわれています。
京友禅とも呼ばれるのには扇絵師の友禅斎という名前から名付けられたという説があります。
絵柄としては、京都らしいはんなりとした雰囲気があり、色や柄も気品があるのが特徴ですが、花鳥山水などを描いた柄がたくさんあり、現在では薔薇などの西洋の花などを大胆に描いたモダンな柄などもあります。

加賀小紋とはどんなものか

加賀小紋は、加賀伝統のものと加賀友禅のものがある、石川県金沢市で染められている着物のことです。
加賀伝統のものは細かい文様を一つの色で染めているため、江戸のもののように遠くから見るとまるで無地かのように見えるほど細かい文様が施されています。
加賀の大名だった前田家が裃の文様として用いていたものが発展して、できたものであると言われています。
加賀友禅のものは加賀五彩といわれるえんじ色、藍色、黄土色、緑色、紫色の五つ色を型紙を使って鮮やかに染めあげた着物ですが、京友禅と比べると割合抑えた色合いです。
板に生地を貼り、その上に型紙を載せて加賀五彩を一色ずつ染める板場友禅という手法を使います。

小紋はどのような場面で使うの?

少し格を上げて改まった席で小紋の着物を着た和装を楽しみたいときには袋帯を合わせます。
染めの着物には織りの帯を合わせるのが定番ですが、染めの帯を合わせる和装も近頃は多くなってきています。
このように帯や小物の合わせかたで自由に醸し出す雰囲気を変えることができるために、おしゃれな和装を気軽に楽しむことができる着物になります。
使われる生地は、ちりめんやりんずが主流となっていますが、紬地が使われることもあります。
色柄は華やかな絵画調ものなど色々な種類があります。
格が高い江戸のものや加賀のものであれば、一つ紋を付けることによって柄によっては他のものより格を上げることができて、一つ紋の色無地の着物と同じ格の着物にすることができます。

小紋の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 和装