お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

中村勝馬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

中村勝馬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、中村勝馬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

中村勝馬について

中村勝馬(なかむら かつま)は、1894年9月18日~1982年4月21日まで生きた染色作家で、重要無形文化財「友禅」の保持者です。東京派友禅を代表する作家であり、友禅染の芸術的向上とともに作家としての地位も確立しました。
中村勝馬の息子は中村光哉という染色作家であり、その弟子には重要無形文化財「友禅」の保持者である山田貢がいます。
中村勝馬の作風は、友禅技術を基本にしながら、勝馬独特の新しい感覚で作り出された簡明で動きのあるデザインと、品格ある色調がマッチした近代的でありながら、優雅な風潮が特色となっています。作品は、左右非対称の図案や無線伏せ、叩き潮などの新しい技法を積極的に取り入れ、躍動感溢れる作品を作り出しています。

作品の魅力

中村勝馬代表作品:黒留袖「波」

中村勝馬は、友禅の技術をもとにして近代的でありながら、躍動感のある作品を多く手掛けてきました。ッその中でも黒留袖を作り、繊細かつ優雅な模様を描いてきました。その代表作とも言えるのが『黒留袖「波」』です。
この黒留袖「波」は、1955年に人間国宝に認定され、同年に文化庁の依頼で作成された「波文」という作品とほぼ同じ図案で色違いの作品です。波のみの図案でありながら、ここまで美しく躍動感を出すことが非常に難しく、専門家もうなる程の作品です。
買取に関しては、1955年に製作された古い作品であるため、刺繍糸の荒れや生地の弱りなどが目立つようになっているため、買取は不可能であり参考商品として展示のみとなっています。

中村勝馬代表作:「雲文黒留袖」

「雲文黒留袖」は、昭和33年に製作された作品であり、現在は「波文黒留袖」と共に東京国立近代美術館の所蔵となっています。
日本で最も代表的な染色技法である友禅ですが、その友禅には京・加賀・東京の3つの種類があります。その中で勝馬が製作していたのが東京友禅です。東京友禅は、落ち着いた色合いの中にオシャレなデザインが融合した近代的な技法が特徴であり、この「雲文黒留袖」にもその特徴が大きく反映しています。
中村勝馬の作品の買取に関しは、この作品は東京国立近代美術館所蔵となっており展示のみですが、その他の勝馬の作品は、染織工芸に新しい風を吹き込んだとして、いずれも高価買取の対象となっています。

中村勝馬の代表作:「友禅かがり文訪問着」

友禅雲文黒留袖と共に勝馬の代表作とされているのが「友禅かがり文訪問着」です。
64歳で友禅の技術が認められ人間国宝となった勝馬は、それ以降様々な作品を製作して数々の賞を受賞しました。
「友禅かがり文訪問着」は、左右非対称のデザインや生地に直接彩色を加えるなど、次々と独創性あふれるアイデアで作り上げられた作品の一つで、この技法によってより優雅な作風が生まれていきいました。
また、勝馬はこの世界では一般的ではなかった署名や落款を入れるなど、友禅の世界を改革していきました。そんな勝馬の作品は、いずれも高価買取の対象となっており、さらにその息子である中村光哉やその弟子である山田貢の作品も対象となっています。

作品の使い方・着こなし

留袖には黒留袖や色留袖があります。黒留袖は、五つ紋を入れることで既婚女性の第一礼装として利用することができます。中村勝馬の作品は近代的な東京友禅の技法が採用されているため、現代の結婚式などにもマッチすることでしょう。
訪問着は、未婚や既婚を問わずに着られるほか、紋を付けることで色留袖としても使用が可能です。格式が高いシーンでの使用を求めない場合には紋を付ける必要がなく、パーティーやレセプションなど華やかな場所でも、ドレスの中いてもその存在が劣ることはありません。左右非対称デザインが特徴の勝馬の作品であってもどのようなシーンでも活躍することでしょう。
訪問着にも色合いや柄によってマッチする年代があります。

中村勝馬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝