お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

与那嶺貞のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

与那嶺貞の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、与那嶺貞の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

与那嶺貞について

与那嶺貞(1909-2003)は読谷山花織という織物の普及に尽力した人間国宝です。読谷山花織は1400年代の琉球王府で織られていた織物となります。中国から伝来した技術をベースとした琉球独自の織物ですが、明治時代や第二次大戦を経て技術が失われてしまいました。ですが与那嶺貞などの尽力によって現代に蘇ることになったのです。与那嶺貞は読谷山花織の復活のみならず、作品の収集から普及、ないし後継者の育成にも力を入れていました。今では沖縄県無形指定文化財にまでなりました。現代でもこの織物を見ることができるのは与那嶺貞の功績によるところが大きいと言うことができます。読谷花織物を語る上で欠かせない人物なのです。

作品の魅力

第37回日本伝統工芸展 読谷山花織着物

読谷山花織は綿や絹で織られます。沖縄の織物には代表的なものとして八重山上布や宮古上布という麻を原料とした織物がありますが、読谷山花織は違います。綿で織られた風合いというのは温かみのあるもので、親しみやすい風合いを湛えています。しかしその柄の精緻さという点において丁寧な仕事ぶりを見ることができるでしょう。一見、シンプルなように見える柄はよく見てみると複雑で、一朝一夕の技術でできるようなものではありません。また、現代で多くの人が忘れてしまった自然の中での暮らしというものを想起させてくれるような素朴な自然の美を感じることもできます。地色の藍色も繊細なグラデーションとなっている事にも注目です。

木綿紺地格子緯絣緯浮花織着尺

くっきりとした図柄が印象的な作品です。地色の藍から浮かび上がる反復されたパターンは強い印象を見る者に与えてくれます。読谷山花織の柄には基本的なパターンがあります。円形のジンバナ、扇形のオージバナ、風車形のカジマヤーバナというものです。この作品ではジンバナとカジマヤーバナの2種類が使用されています。さらに注目したい点として、この柄のパターンを区分けるセパレート状の直線です。格子状のこの柄は桃色で織られているのですが、これも2種類の桃色を駆使することで絶妙な効果を作品へと与えています。一見シンプルなようでいて、そこに注ぎ込まれた技術はとてつもなく高いというのが見て取れるでしょう。

読谷山花織名古屋帯 人間国宝 与那嶺貞作

読谷山花織は織物なので、名古屋帯なども作られました。枯葉色を地色としたこの作品はには様々な図柄が織り込まれています。それは一見、タイやミャンマーといったアジア圏の高級織物を想像させるでしょう。沖縄が琉球と言う南国の島国であることを再確認させてくれる作品です。これは市場に出回っている与那嶺貞の読谷山花織です。こうした作品というのは、買取業者を通じて市場に出回ることができます。もしこれらの貴重な作品を手に入れ、やがて手放すときには専門の買取業者へと買取を依頼しましょう。買取業者はそのものの価値を知っており、その市場へ適正な価格で放出されます。作品は丁重に扱われ、後世の人々に受け継がれるでしょう。

作品の使い方・着こなし

与那嶺貞の作品は貴重なものです。読谷山花織の研究、普及、後継者の育成に尽力した与那嶺貞の功績ははかりしれません。また、作品自体の美麗さというのも他に比肩するものはありません。そういった功労者の作品なので、誰しもが欲しいと思うのです。販売されているものを目にする事は貴重な機会となるでしょう。そのため、こうした織物は買取業者の手へと渡るのが一番良い形となります。買取業者がこの織物を流通させれば、それなりの値段のものになるので購入者も丁重に扱うようになります。その後、その購入者が手放す際にも買取業者を利用すれば、同じサイクルで回っていけるでしょう。文化財と言っても良いレベルの作品なので、この世界に長く存在して欲しいものです。

与那嶺貞の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝