お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

玉那覇有公のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

玉那覇有公の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、玉那覇有公の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

玉那覇有公について

玉那覇有公は、沖縄の伝統的な染色技法である「紅型」の人間国宝です。

玉那覇は鉄工所に勤務していましたが、1961年の結婚を機に沖縄県の指定無形文化財「紅型」保持者の城間栄喜師事、独立すると沖縄県首里に紅型工房を構え、1996年に国宝に指定されました。

13世紀頃に開発された紅型は、琉球王朝時代を通じて普及、独自の顔料を使用した明るい南国風のデザインが大きな特長です。

玉那覇有公だけが行う両面染は、紅型の表現やデザインの可能性を大きく広げ、買取でも注目される作品を多数生み出しました。

琉球らしいシンプルさと鮮やかさをかね合わせた、色彩は南北に長い日本列島の中でも独特な個性を発揮しており、まさにここでしか見られない作品が人気です。

作品の魅力

本場琉球紅型 縮緬地小紋

代表的な作品の一つで買取業者も注目しているのが、本場琉球紅型 縮緬地小紋です。

手触りの良い良質なちりめん地に、紅型で多く使われるサクラ、マツ、山が描かれ、色とりどりで連続に配色された着物です。

サクラやマツ、山などの一つ一つがバランスよく配置、薄藍色や紅色など明るい色彩ですが、全体を見ると落ち着きが感じられる意匠が施されています。

どっしりと構えた大きな山、その周囲で咲き誇る花々のコントラストは琉球舞踊や音楽のリズムを感じさせます。

裏地のすそ部分は深い海を思わせる濃い藍色で染め上げられていて、純白で手触りがよく、滑らかなちりめんのふわふわとした印象を強く引き締めており、その美しさが買取でも注目されています。

着物の帯・諸紙布八寸琉球紅型

玉那覇の代表作の一つが、着物の帯である諸紙布八寸琉球紅型です。

手先からたれの部分まで、帯全体に紅型で染め上げられた全通柄で、無柄の単色着物に適したデザインをしています。

描かれているのは夏の花として知られている大きなアサガオと、控えめに描かれた小さなサクラが、整列しながらも所狭しとリズム感を持って描かれています。

色彩そのものは、複数の薄い藍色を配色しており、至って地味な印象を与えます。

生地に使われている経糸と緯糸は、軽量さを重視したため紙糸を採用していますが、使用するにも十分な丈夫さを備えており、着用時に感じられる重さを軽減できるため、買取でも高く評価されている人気の帯です。

両面染め着尺絹芭蕉「芒に花文様」

両面染め着尺絹芭蕉「芒に花文様は、2009年に第56会日本伝統工芸展に出品された、まさに玉那覇有公の代表策といえる一品です。

琉球紅型の保持者であり、義理の父でもある城間栄喜氏から、たった一度の説明で自分のものにし、独学と試行錯誤のすえに作り上げた作品です。

頬を赤く染めたような桃色や水色、だいだい色の色調をしたサクラなどの花が整然と整列、花々の合間には薄緑色の茎や葉が互いに支えあい、全体的に高い気品を感じさせる作品です。

玉那覇有公らしい綿密な図案と色使い、両面染めなので色がはっきりと確認できるとともに、翻ったすそからチラリと見える柄が大きな魅力です。

この両面染め作品は買取価格も高くなる傾向です。

作品の使い方・着こなし

琉球紅型の国宝・玉那覇有公の作品である、本場琉球紅型 縮緬地小紋は、結婚の2次会、入園・入学・卒園・卒業・レセプションなど、お祝いごとに着用するのに向いています。

また、着物の帯・諸紙布八寸琉球紅型は、白や黒など単色に染め上げた着物に合わせて着用すると、全体を引き締めるとともに、単色生地の美しさや艶やかさを強く印象づけられます。

両面染め紅型は、一般的な着物のように結婚式の2次会や入園・入学、レセプションに向いており、楚々と歩くとすそからはらりと見える柄が淑やかさを周囲に感じさせることでしょう。

玉那覇有公の作品は、着物、帯、両面染めと幅広くあり、TPOに合わせて着用することで、より一層魅力を放ちます。

玉那覇有公の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝