お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

小宮康孝のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

小宮康孝の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、小宮康孝の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

小宮康孝について

重要無形文化財保持者である小宮康孝氏は、日本を代表する江戸小紋染色家の一人です。東京都台東区浅草に生まれ、14歳のときから人間国宝であった父の小宮康助氏の下で修行を積み、江戸小紋の高度な技術を伝えられました。伝統的な小紋型の研究にも傾け、古型紙の収集にも力を入れるなどして、復元にも尽力しています。江戸時代から受け継がれている技術を、確実に未来に伝えるために後継者を育てることにもつとめています。1975年には第1回東京都文化賞を。1978年に人間国宝となり、1988年には紫綬褒章を授与されています。そのほか葛飾区伝統工芸士、勲四等旭日小綬章、名誉都民、葛飾区名誉区民など、様々な賞を受けています。氏の作品は買取でも人気です。

作品の魅力

小宮康孝氏の作品の特徴

江戸小紋にとって大切なのが、型地紙です。小宮康孝氏の父である小宮康助氏は、関東大震災や第二次大戦などから、型地紙を守り抜きました。康孝氏もまた大切に守り、古い型紙を収集しては新たに彫り直しをして、小紋柄の見本帳である「小紋百景」を作りあげました。3年の歳月がかかったそうです。江戸小紋のモチーフは、色彩鮮やかで、吉祥文様や季節の草花、歌舞伎などを用いたものです。これは日本人にとって大変身近であり、美意識に密着しています。江戸小紋の伝統に現代の染色技術を投入し、布地が光化学用に見える仕上がりは小宮康孝氏ならでは。精度の高い型紙は 「一寸四方に千」とも例えられます。この点によって、光を放つように見えるのです。

型紙の潜在能力を最大限に引き出す作品

江戸小紋の型紙は、点模様によって描かれています。その点が多ければ多いほど繊細で優雅な模様になります。これは錐彫りという技法によって作られます。ています。針先が半円形の小刀を回しながら穴を彫ってゆきます。細かいものでは一寸四方の中に1000ほどの穴が彫られています。腕のいい型彫師の型紙は、柄に乱れがありません。しかし染色家の技術力が半端では、それを生かすことが出来ません。小宮康孝氏の染めの技術は、匠の型彫師の型紙の潜在能力を余すところなく引き出し、さらに輝かせる、また匠の技なのです。型彫師と型付け師、染め師、この三者の技術がそれって、小宮康孝氏の江戸小紋の反物は生まれています。買取でも評価されます。

代表的な小宮康孝氏の江戸小紋

型紙の数だけ小宮康孝氏の作品があるのですから、なにが代表的な物なのかといったことは難しいものです。強いて言うならば、「七福神」「宝亀」「さや形」「麻の葉」「日高川」「静御前」などでしょうか。「さや形」「麻の葉」などは、今でも身近な文様であり、良く使われているものですが、小宮康孝氏の作品は、きりっとしてぼやけがなく、その手によるものだということが一目瞭然です。そのため買取の鑑定などで作家が明確であるに越したことはありませんが、きちんと評価できる鑑定者は少なくありません。「日高川」「静御前」などの小紋には安珍清姫のお話に基づいている、静御前の鶴岡八幡でも舞にちなんでいるなど、背景の面白さもあります。

作品の使い方・着こなし

江戸小紋の着物は、友人との食事といった肩を張らない集まりから、改まった席まで、幅広く使えます。小物や帯を変えることで、その場の雰囲気の違いにマッチしてゆきます。たとえば気を使うべき場所であれば、格高の名古屋帯や袋帯となどを合わせると素敵ですし、染め帯などであれば、もっと気軽な雰囲気を演出できます。季節を意識したチョイスを楽しむのも良いでしょう。この様々なシーンに素敵になじむのが、江戸小紋の魅力でしょう。その中でも特に小宮康孝氏の作品は、華やかさと上品さ、かわいらしさと大人げをを併せ持っています。買取りでも高値になりますが、それだけ末永く身に纏うことが出来る着物です。江戸小紋を買取は、誰の作品かでかなり違います。

小宮康孝の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝