お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

喜多川平朗のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

喜多川平朗の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、喜多川平朗の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

喜多川平朗について

喜多川平朗氏は1898-1988に活躍した昭和時代の染織工芸家で有職織物の人間国宝です。京都市立芸大を卒業してから京都西陣織の老舗俵屋の17代目として数々の貴重な帯の数々を発表する傍らで、正倉院裂などの古典染織の研究と復元も行っていました。
代表作品は『斑金錦牡丹唐草文帯』があり、紋織技法の第一人者と言われる程今日の生活に適した紋織物の創造にも努力を重ねた立役者でもあります。49年には文化庁により記録映画「有職織物・喜多川平朗の業」が撮影され、日本伝統工芸会会員としても活躍をしていました。また重要無形文化財を二重に指定されることはとても珍しいこととされていますが、誰も真似のできない卓越した技術の賜物だと言われています。

作品の魅力

「羅」と呼ばれる特別な織

訪問着、振り袖、留袖、小紋、袖、附下、アンティークなど喜多川平朗氏の発表した和装作品は数多くありますが、その中でも特に人気が高いのが名古屋帯、袋帯などの『帯』作品だと言われています。特に評価の高い羅織の帯は、室町時代以降なくなっていた「羅」という複雑な織物を復元したこともあり、和装の世界にとって大きな財産として評価されている理由があります。
羅の織文様は、一本の経糸を左右の経糸と絡み合わせて織ることで表すことが出来るとても難しい織です。この経糸の絡みによって織物の表面に斜線模様が生まれ、さまざまな襷文や菱文などの複雑な模様を表すことが出来るので、気品と複雑さが現れる特別な織になっています。

魅力的な二陪綾の模様

喜多川平朗氏が発表した作品の中でも、人気が高いのが『綾模様』の着物などの和装作品です。この綾とは、かつて公家達がもっとも頻繁に用いたといわれる織物で、華やかさの中に気品と美しさを同時に兼ね備えている特徴も評価され、喜多川平朗氏は現代に甦らせるために、まず下図が描き、この下図をもとに糸、織り、染色を決め、織りあげる工程を行いました。
綾模様の中でも扇の形を模した『二陪綾』は、現代的に新しい感覚の配色にして今の時代の好みに合うようにして作成されていますので、かつて貴族達の生活を飾った織物が、色模様も新たに現代に再生し、普段使いとして利用する事が出来ると高値で買取りをされています。

皇室の夏衣装にも使用される『紗』

喜多川平朗氏の代表的な作品で使われる織模様として、皇室で使用される衣装に多く使われているのが『紗』です。この紗織は二本の経糸が絡みあって、鎖状の格子を表す状態になっており、この織り方で作られた着物の特徴として軽く、薄く透けるため、羅とともに「うすもの」と呼ばれています。
この『紗』を利用した着物は男性、女性共に夏用の着物に仕上げる際に利用されていますが、女性用の着物としてあつらえる場合、薄地に透ける素材を活用することにより下に合わせる色を見せる夏らしい涼やかな装いに仕上げることが出来る魅力があり、様々な着物の買取を行っている買取専門業者でも高値で買取りをされる程人気の着物になっています。

作品の使い方・着こなし

有職織物の人間国宝でもある喜多川平朗氏の作品は高値で買取りされるなど、多くのファンがいる人気の作品になりますので、主に使用する場として観劇や結婚式、パーティー、お茶席などフォーマルな場で着用は勿論、様々な用途で着用できる気品のある作品ばかりなので年齢を問わず多くの方が愛用しています。
特に人気の高い名古屋帯などは、着物に使用すると帯の織が映える仕上がりになっている作品が多いので、ベースとなる着物は無地に近い落ち着いた色味を選択して、名古屋帯を利用する事により帯の華やかな有職文を楽しむことが出来るので、季節や着用する年齢層に合わせて様々な着こなしを楽しめるのも、喜多川平朗氏の作品を着用する魅力になっています。

喜多川平朗の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝