お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

伊達弥助のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

伊達弥助の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、伊達弥助の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

伊達弥助について

伊達弥助とは、代々京都西陣にて織物業を営んだ「井筒屋」の家長の名です屋号同様に名を踏襲する形で代を重ねたものです。4代伊達弥助は西陣織の近代化をもたらした功績が残っています。
大変な識者としても有名で、ウィーン万国博覧会へ派遣され、当時のヨーロッパの最新技術を学んだとされています。そのうえで、自らの生産には最新技術を用いないと決めた、とされる資料もあり、近代化が最高のものづくりへつながるとは限らないと判断したものと考えられます。
その子、5代伊達弥助は、日本絵画、彫刻を修め、西陣へ落とし込んだ人物です。この功績によって織物が汎用品ではなく芸術品になったとされます。
西陣の深い歴史から学んで行きましょう。

作品の魅力

伊達弥助の原点、西陣を知る

京都府京都市上京区から北区が西陣と呼ばれています。行政区として地名が付いているものではなく、人々がそう認知している、と言う形です。
西陣での織物の歴史は、その地が西陣と呼ばれるよりずっと深いものです。平安初期からすでに織物を行っています。1467年~77年、応仁、文明の乱の際に西陣、山名方が布陣したことから地名として残りました。
この間、職工衆は堺へ逃れていたそうですが、のちに帰って来ます。職工組織が生まれる、切磋琢磨が始まるなど賑わいを見せ始めます。
平安時代、お公家様方のお召し物を織った文化を根に立つ大木、それが京都西陣織りです。
伊達弥助の名が西陣に織り込まれるのは、まだ先のことになります。

幕府の保護、大火からの衰退

江戸時代には幕府から保護を受け、いわゆる「大阪食い倒れ、京都着倒れの街」と言われる状況が生まれます。特に西陣の中心部などは毎日のように糸を卸す業者が行き交い、「千両ヶ辻」と呼ばれたそうです。
しかし1730年、この地が丸ごと焼けてしまいます。織機7000台のうち、3000台を失ったとされる、「西陣焼け」と言われる大火に当たります。これがきっかけとなり、各地へ技術が流出しているようです。
1788年に追い打ちの大火、1841年~42年、天保の改革では株仲間の解散、絹織物禁止令が重なり、西陣は衰退の一途をたどります。さらなる追い打ちが1869年の東京遷都です。顧客までも失ったのです。

京都府の保護育成から近代化

明治の遷都を経て京都府は保護育成を計ります。ヨーロッパへの留学、織機の輸入が相次ぎ、西陣織りの近代化が果たされます。
1873年、ウイーン万国博覧会へ派遣されたのが4代伊達弥助です。オーストリア式のジャカードと言う織機を持ち帰ります。
冒頭で触れたエピソードにある通り、彼は自分の工房での最新機の使用はしない、と決めた文献が残っています。それは当時まだ開発間もない技術だったジャカードやバッタン式の機械は、繊細で精密な西陣にはそぐわない、とした職人気質からの発言だったのかも知れません。医学なども学ぶ識者の目がそう判断を下した、としか言えません。
その子、伊達弥助は伊達錆織を創出しました。

作品の使い方・着こなし

現在の伊達家は7代目ご頭首がいらっしゃいますが、織物業は途絶えているようです。つまり伊達弥助の名の作品をお持ちの場合、買取りは専門業者の鑑定をお願いするべきものになります。その文化や伝統はすでに西陣織りとして貢献なされましたが、伊達弥助の名の着物はもうこれ以上増えて行かないと考えられるからです。
買取りには細心の注意が必要です。簡単に持ち込めるリサイクルショップでの買取りは、便利ではありますがとてもお勧めできません。古いものは安く買取ります。こういった文化的価値を持つ可能性のあるものは、専門知識を持っている方の目で見て頂く必要があります。価値を理解してくれる方に買取って頂くことで、価値を理解できる方の手へ渡すことが出来ます。

伊達弥助の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝