お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

木村雨山のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

木村雨山の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、木村雨山の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

木村雨山について

木村雨山は友禅の伝統技法に近代感覚を取り入れ、新境地を開拓し、不動の地位を確立した功績から人間国宝に認定された加賀友禅染色作家です。

木村雨山は金沢市で生まれ、工業補習自在画図案科を卒業後、加賀友禅をおよそ20年という年月を掛けて修行しその技法を習得しました。木村雨山の作品の特徴である日本画の技法の基本もこの時期に学び、完成されました。

それらの個性溢れる作品の特徴とは、写生を元に図案を構成していて、その図案によって作品を制作することです。図案は日本画の技法を駆使して描かれ、作品の色調は濃淡が巧みに表現されています。

現代においても色あせることのない優雅で瑞々しい木村雨山の作品の数々は、たくさんの人から支持を受けています。

作品の魅力

加賀友禅の振袖・菊寿

代表する作品のひとつである「菊寿」は、花鳥風月を写実的に描かれていることが特徴とされる加賀友禅の概念にとらわれることなく、木村雨山らしい自由な発想で創作されています。

抽象的な大輪の菊と小菊が一面に描かれていて、赤やオレンジや黄色の華やかな色彩の菊の中にアクセントとなる青い菊が所々に散りばめられた絢爛豪華な逸品です。

木村雨山の作品の中には花が描かれているものが多くあり、美しく豪華な花が描かれた作品はどれも人気があるものばかりです。着物専門の買取業者ではそのような作品を高額で買取をしています。それらの着物を持っているが手放そうと考えている場合には、着物専門の買取業者を利用するといいでしょう。

加賀友禅訪問着・花薫

「花薫」は「はなかおる」と読まれる通り、花の香りが匂い立つような春の息吹を感じることのできる作品です。

着物の全身に青い菊小花が描かれていて、袖と身頃の部分には黄色の小花で描き出された縦のラインが個性的なアクセントとなっています。よく見ると、上半身と下半身で淡い青色の小花と濃い色の小花が切り替わる部分があります。ラインとなっている黄色の小花も淡い色のものと濃い色のものが入りまじっていて大変にユニークな作品となっています。

このように個性的でユニークな作品は木村雨山の真骨頂と言える作品となりますが、そのような作品を着る機会がなく、着る予定がない場合には、着物の買取を専門としている業者がいます。

加賀友禅黒留袖・深山

木村雨山作の黒留袖で、裾の部分の一体に弧を描くようにしてたくさんの木が描かれています。

青、緑、紫、黄色などで彩られた木々には淡い色彩と濃い色彩のものが入りまじっていて、その色彩のグラデーションは大変に見事です。

描かれているのは全てが木だけになるのですが、それが杉だったり松だったりと、日本画の技法をふんだんに取り入れられた作品となっています。

落ち着いた印象の黒留袖ですが、この作品は描かれた画により年代を選ばないものとなっています。黒留袖は袖を通す機会が限られてしまうため、袖を通せないままの着物が家にある場合には、着物を買取している専門の業者を利用するということもひとつの方法となることもあるでしょう。

作品の使い方・着こなし

木村雨山の作品は、彼の得意とする日本画の技法を取り入れることにより、個性的な画や色彩のものが多くあります。

それらの着物を着こなすポイントには、木村雨山の作品の帯を使用して個性を統一することや、色彩には使われていない色の帯を選んでみたり、アクセントとなっている色の帯留めを使用することで、その個性的な作品をより生かした着こなしをすることができるでしょう。

大変に権威のある作品であっても、着られない着物になってしまうことはとても勿体ないことです。

気に入って購入したものの、着る機会がなく家のタンスなどで眠っているものがあったとしたら、価値が薄れてしまうものとなってしまう前に着物専門の業者に相談してみましょう。

木村雨山の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝