お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

青木滋芳のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

青木滋芳の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、青木滋芳の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

青木滋芳について

青木滋芳は、1914年5月25日に東京市四谷に生まれました。染色工芸家として活動し、1983年4月に享年68歳で亡くなりました。この世を去る原因となったのは肝臓がんで、千葉市亥鼻の千葉大付属病院にてこの世を去りました。大学は、東京美術学校の工芸科図案部に入学し、1938年3月に卒業しています。また、同年には新文展で初入選を果たし、その後実績を重ね活躍を続けました。1952年には、第8回日展の出品作品で特選を獲得し、さらに注目を集める事になりました。また、50代になってからも躍進を続け、1971年には日展の出品作品で内閣総理大臣賞を受賞しています。買取業者からも、高額査定される事が多い有名染色工芸家です。

作品の魅力

青木滋芳の活動について

青木滋芳は過去作品の実績が評価され、1953年の第9回日展から無鑑査出品となっています。また、1959年の第2回新日展では審査員を務めるまでになりました。さらに、1960年の第3回新日展では日展会員となり、1962年の日本現代工芸美術家協会創立に携わった1人としても知られています。創立後も、同会において活躍を果たしました。さらに、日展評議員や現代工芸作家協会顧問としても活動しており、1976年には千葉県の教育功労者となっています。さらに、1982年には過去の功績から紺綬褒章を受章している人物です。作品の素晴らしさだけでなく、この様な活動も買取業者から作品が高額査定される理由のひとつとなっています。

所蔵作品である縞のある多角形や古刹など

青木滋芳は、ろうけつ染めの技法を使用し、自然や景観の美しさを表現した作品で知られています。ろうけつ染めは、 溶かしたろうを布に塗り、模様を描き、染料で布を染色していきます。その後、ろうを落として水洗いすると、ろうを塗った部分は白く染め抜かれる技法です。複雑なデザインでは、複数の染色の為にこの工程を繰り返し行います。東京芸大所蔵となっている作品では、第1回日本現代工芸美術展へ1962年に出品した染色二曲衝立・縞のある多角形があります。第8回現代工芸展へ1969年に出品した作品の古刹は、千葉県立美術館の蔵品となっています。これらの作品でも、多彩な技法やデザインの美しさが際立っています。

雪原・洞門などについて

青木滋芳は全国各地を周り、自然をモチーフにした作品を多く残しています。1971年に日展に出品した雪原は、内閣総理大臣賞を受賞しています。また、洞門は海の洞窟から見える切り立った崖が力強く描かれた作品です。洞門は、緑や紺などの少ない色使いでありながら、力強く美しい自然の姿が楽しめる作品となっています。青木滋芳のろうけつ染めを用いた作品は、デザイン通りに染料をおいた後で、ガソリンでろうを洗い流し、蒸し器で染料を発色させていきます。すると、色が定着するので、最後に水にさらして洗い完成させるので、手間が大変にかかっています。その為、デザインや染色の美しさだけでなく、買取業者からも高額買取されています。

作品の使い方・着こなし

青木滋芳の作品は、シックで上品な着物が多いです。また、凜とした雰囲気を演出できるので、どの様なシーンにも適しています。さらに、落ち着いた雰囲気となっていますので、大人の女性にぴったりな着物でしょう。買取業者でも、青木滋芳の着物は高額査定になりやすい商品です。査定を受けられる場合は、専門の買取業者に査定してもらうと価値をきちんと評価してもらえます。また、査定の際には保証書も一緒に用意しておくと、高額査定につながりやすくなります。査定は、出張査定や宅配査定などが存在します。どちらも、自宅にいながら査定を利用できるので、1度気軽に利用してみましょう。青木滋芳が染色した着物は、買取業者からも注目されています。

青木滋芳の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝