お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

由水兄弟のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

由水兄弟の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、由水兄弟の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

由水兄弟について

由水兄弟とは、加賀友禅作家、由水十久、煌人の兄弟のことで、現代の名工、とうたわれています。初代十久の子に当たります。
加賀友禅の歴史や由水兄弟の特徴などを紐解いて行く前に、名を打った作品をお持ちの場合、手放すときにはよく調べてから専門家に買取りを依頼することをおすすめします。
日本文化にとって価値のある作品は、古くなっても認められるべき背景を持っています。手っ取り早く処分を考えるよりまずは、作品の根っこに当たる部分から知って行きましょう。
知識を得ることによって、美しいだけ、古めかしい昔の衣類、と言うだけではない、新しい見え方ができるようになるかも知れません。
まずは加賀友禅の歴史から学んで行きましょう。

作品の魅力

加賀御国染+京友禅=加賀友禅

加賀と言えば前田家の文化推進によって花開く「加賀ルネッサンス」が、様々な工芸の質を高めました。染物に関しては「加賀御国染」と言うものでした。梅の樹皮、根を使って染める「梅染め」が加賀独特の技術だったのですが、京友禅の始祖、宮崎友禅斎が晩年、友禅の指導に当たり、その文化を広めて行きました。
加賀五彩(藍、臙脂、草、黄土、古代紫)と呼ばれる美しい色調が知られ、自然描写を突き詰めた写実的な技法としては、「虫食い」や「ぼかし」など、複数の色をグラデーションを付けて染める技法を取り入れる特徴が生まれました。
友禅染め、とは言いますが、模様を手書きすることで自在に表現が可能になったものです。絵画に近いかも知れません。

由水十久(ゆうすい とく)は童子模様

花や鳥などのモチーフが多い加賀友禅の中でも、由水十久の場合、童子モチーフで有名です。初代十久は人物を図案として加賀友禅に取り込んだ立役者と言えます。
それまでの友禅では、人物の扱いは背景の一部だったり浮世絵のオマージュなどであり、決してメインになりえないとされていました。童子模様を評価されるまでは、十久も多くの草花を描いていたようです。
現在由水兄弟の弟、2代目の十久氏がその技術を受け継いでいます。すでに評価されている童子模様についても技術をつないでおり、さらに洋装の童子に西洋楽器を弾かせるなど、新しい作品も次々に生まれています。緻密に描かれる躍動感のある童子模様は「童子1体ウン百万」、偽りなしです。

由水煌人(ゆうすいあきと)、国宝へ弟子入

初代由水十久の長男として生まれた由水兄弟の兄、煌人氏は、人間国宝、森口華弘氏のもとへ弟子入りした経緯を持っています。初代、現代の十久が童子模様で有名なのに対し、煌人氏は植物をメインに描いています。
色味を抑え、上品で落ち着いた印象の図案です。お着物に仕立てられると、カズラなどのつるが、裾から腰、方へ自然と這い登ったように描かれています。風の吹くままに描き、水の落ちるように描き、花は咲くように描いて、葉は開いたまま描く、と言った自然な雰囲気があふれています。氏は所作にも造詣が深く、動きに着目をした図案でもある、と言えます。
独創的な世界を発展、展開した十久氏、加賀友禅の神髄に現代感覚を加えた煌人氏です。

作品の使い方・着こなし

加賀友禅にも様々なものがあり、草花の模様でも手書き、型押しなど、専門家でなければなかなか判断がつかないものです。必ず専門知識を持ったお店で買取ってもらいましょう。
由水兄弟の場合、現在も作品を制作しています。その価値は数々の受賞歴によって裏打ちされたものです。人気もありますので、買取りに関しても積極的に行われていると考えられます。
由水兄弟、どちらに関しても技術的、芸術的に素晴らしい作品です。お品をお持ちであれば、鑑定をしていただいてから買取りを考えても良いと思います。
箪笥の肥やしにするくらいなら、どなたか価値を理解してくださる方へ着て頂いた方が良いでしょう。正しく買取りをしてもらうことは、お品のためでもあります。

由水兄弟の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝