お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

志村ふくみのを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

志村ふくみの扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、志村ふくみの処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

志村ふくみについて

志村ふくみは日本を代表する染織家で、紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)(1990年)です。1993年に文化功労者に、2015年には文化勲章を受章しました。1924年に滋賀県近江八幡市に生まれ、31歳の時に、織物を習っていた母、小野豊の影響で織物を始めました。

志村ふくみの作品は、草木染の糸を使用した紬織の作品で知られ、「草木の抱く色をいただく」という思いをもって作り出され、自然に対する感謝と謙虚さが表れています。

また、随筆家としても有名で、大佛次郎賞、日本エッセイスト・クラブ賞や井上靖文化賞を受賞するなど多くの著書があり、2013年と2015年には、工房のある京都市内に芸術体験を通して学ぶ場としての学校を設立しました。

作品の魅力

本和染結紋手紬織着尺・秋霞譜

この作品は、1958年の第5回日本伝統工芸展で奨励賞を受賞した時のものです。横縞模様に見えながらも全体に裾から衿にかけて、次第に色が微妙に変化していく見事な作品です。志村ふくみの作品に共通するのは、色味を強調しすぎずに、その色の持つ透明感やそのものの良さを表現し、繊細な張りがある中にもしなやかなやさしさがあります。

絹糸は繭(動物)から、色は草木(植物)から、そして染めを定着させる媒染剤は金属(鉱物)に由来します。地球上の自然界の基である動物・植物・鉱物から力を受けて染色された糸を織りあげること。それこそが、染織家志村ふくみが作品をつくる時にいつも心に強く留める大切なことなのです。

紅襲(べにかさね)・桜かさね

この作品は、はんなりとした薄紅色の紬織の着物で1976年に制作されました。この着物について、大岡信の『言葉の力』の中には次のような内容のことが書かれています。「桜の木の皮で染めた布は、桜の花と同じ桜色に染まる。」それは、桜の花ではなく桜の木の皮だからこそ表現できる桜の色味なのです。

自然に対する感性を磨き続けて、草木の息づかいまで表現できる染織家の志村ふくみ。その季節のその草木だけが持っている繊細な表情を見落とさずに布に移しとってつくられた着物には、自然を凝縮した美しさが宿っています。母から織物を教わり、ゲーテの『色彩論』に出会ったからこそ、自然と色と紬織の奥深さを現代に表現しています。

水門・熨斗目(のしめ)・匂蘭(こうらん)

2015年夏に滋賀県立近代美術館で開かれた『志村ふくみ展ー自然と継承ー』では、所蔵作品を含むおよそ60点が展示されました。その時のポスターになったのが1994年に制作された「水門」です。「熨斗目」と「匂蘭」も、作品の主な図版になっています。ともに色鮮やかな清々しい印象を与えます。

これらの作品に共通するのは、いろいろな種類の草木から色を選んで糸を染めることで、自然が持つ力と恵みに感謝しつつ、観る人に自然の偉大さや環境の大切さも気づかせてくれます。また、故郷琵琶湖にちなんだ名前の作品も多く展示されました。その他、源氏物語シリーズでは光源氏にゆかりのある女性の名前をつけた作品も多数制作されています。

作品の使い方・着こなし

「無地に始まり、無地に終わる」これは志村ふくみの言葉です。色無地があってこそフォーマルやカジュアルな着こなしが、それらしく彩られるという奥深い美意識の世界。

それまでは農村の手仕事だった紬織を「芸術の域に高めた」と評価されて、志村ふくみは人間国宝に認定されました。今では販売会でもすぐに売り切れてしまうほどの高い人気があります。それほどの作品なので、買取の場合は専門的な知識を持つ方に買取ってもらう必要があります。そうすることで作品は正当に評価され、高価買取をしてもらえます。普通の着物の買取とは違い、人間国宝の伝統工芸作家の作品は、専門的な知識で正しく判定してもらったうえで買取ってもらう、という考え方がとても大切です。

志村ふくみの処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝