お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

平良敏子のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

平良敏子の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、平良敏子の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

平良敏子について

平良敏子さんは沖縄県大宜味村、喜如嘉で作られる沖縄伝統工芸、芭蕉布の第一人者です。
2000年にはその功績が認められ、人間国宝にもなられました。
20代で勤労隊として倉敷に赴し、そこで大原総一郎氏と民藝運動のリーダーの一人であった外村吉之助氏と出会います。
戦後、途絶えかけた沖縄の伝統工芸であった芭蕉布の価値を、彼らによって再認識することとなった平良敏子さんは、
芭蕉布織物工房を本格的に主催し、芭蕉の栽培から、糸つくり、織りの技術など全ての工程の技術を磨き、後継者の育成まで、芭蕉布一筋に人生をささげた人物です。
人間国宝である平良敏子さんの作品はなかなか出回ることがない貴重なもので、出ればすぐに買取されます。

作品の魅力

小鳥をアレンジした「つばめ」

「つばめ」は昔からある柄「小鳥」を平良敏子さんが独自に応用したデザインです。
民芸運動に関わりが深く、陶芸家であり、画家、デザイナーでもあったバーナード・リーチが作品を見て
「この鳥は飛んでいるようだ」と褒めてくれたという、戦後喜如嘉の代表作です。
芭蕉布の絣は全て手結いです。それ故に微妙なズレやゆがみが生じ、まるで生きたつばめのように躍動して見えたのでしょう。
糸芭蕉本来の色である生成を生かした地に、のびのびと飛び交うつばめの絣柄です。
そのつばめをアレンジしたチェック柄のようにデザインされたものなど、平良敏子さんの手にかかれば、どんどんと進化します。
使いやすい帯は人気で買取されます。

緯と経の不思議「十字絣」

「十字絣」はまさしく伝統的な柄でありますが、平良敏子さんが作れば、それは多種多様に変貌します。
緯と経のシンプルなラインが、これ程までにいくつもの顔を見せてくれようとは思えない不思議を感じます。
一つの絣結びで幾種類もの柄を生み出せるのは、手結いの自在な点なのかもしれません。
平良敏子さんの絣は、絣特有のぼけたような感じが少なく、色は濃く、緯と経が綺麗に浮かび芭蕉の自然な風合いを引き立てます。
近年の作品は徐々に優しい柄が増えたようです。
夏の暑い日差しの中、芭蕉布らしい十字絣の着物を目にするだけで、涼しさをもらえるような着物です。
上質で軽く、小物と合わせやすい十字絣は、とても高価で買取されます。

棒アイス「アイスケーキ」

平良敏子さんの柄の最大の特徴は、伝統工芸とは思えない斬新な柄にもあります。
蘇鉄や花、蝉など自然のものから、銀行のタイルに起用されたモダンな模様、巷でアイスキャンディが流行すれば、
それをいち早く取り入れた「アイスケーキ」や、お金が身につくように願った縁起物として、銭玉をモチーフにし、
経絣だけで織った「経銭玉(カシジンダマー)」、アダンの葉で作った風車をモチーフにした「風車(カジマヤー)」等、
身近なものや風景をそのままデザインにした柄の多彩さがあります。
多く作られることのないこのような珍しい柄物は、出回ることがほとんどありません。
もし、市場に出ればとても高価で買取されることでしょう。

作品の使い方・着こなし

芭蕉布は芭蕉の葉を糸にし、水にくぐらせ日にかけて、独特の風合いを作り出した布です。
シャリ感があり、体にまとわりつくようなことが無く、上質になればなるほど軽くしなやかです。
沖縄の暑い日ざしの中でもスーッと風を通すような軽さがあります。
都会では絣は一般的に祝いの席には不向きと言われますが、沖縄では、芭蕉布はハレの日にも着ます。
大層手間のかかる藍で色濃く染める紺地は、晴れ着とされました。逆に素材そのままで織られた生成りは葬儀に、
絣の八十八は米寿のお祝いに着ます。着古して古くなれば野良着にもなる芭蕉布は人の一生を彩ります。
沖縄伝統工芸とは言え、今や喜如嘉でしか作られていない貴重な芭蕉布は高価で買取されます。

平良敏子の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝