お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

宗廣力山のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

宗廣力山の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、宗廣力山の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

宗廣力山について

宗廣力山(1914-1989)は人間国宝の染織家です。郡上紬の復興と普及に努めた人物でした。郡上紬はもともと岐阜県郡上地方で織られていた織物にでしたが、その時分にはまだ名前はありませんでした。第二次大戦後に産業が失われた後で、その土地の織物を復興する際に郡上紬と名づけられたのです。宗廣力山は創意工夫をする人だったので、郡上紬にはその意匠がふんだんに使われています。技術の復興だけではなく発展にも尽力したこの人物による織物は、素晴らしい文化財となりました。やがて1982年に人間国宝として認められた後にも郡上紬の研究には余念が無かったと言われています。郡上紬は現在でも生産が続いている数少ない伝統工芸品となりました。

作品の魅力

格子にぼかし菱文様紬

宗廣力山の1980年代の作品です。柔らかな暖色を地色とした生地に格子柄が描かれています。さらに淡い菱柄も加わることによって複雑な妙味が感じられます。格子をはっきりと、かつ菱型を淡く染めることで美しいコントラストになっているのです。全体的に黄、赤といった暖色のみを使っているので複雑な図柄ですがすっきりとした印象を与えています。あえて同じ系統の色を使うことで図柄の工夫と暖かい風合いを表現することに成功した作品です。こうした一流の工芸品は買取業者の間で出回るものです。そういった市場と言うのは作品の価値に見合った価格で取引されます。すると作品の扱いも丁寧になるので、自然と受け継がれてゆくのです。

第24回日本伝統工芸展 藍初音絣着物

実にインパクトのある染物です。四角いパターンを白と3段階の黒色で配列したその図柄は見る者に強い印象を与えます。単純でありながら郡上紬独特の自然物由来の風合いがかもし出す世界は唯一のものとなっているのです。これを他の生地で作ったとしたら、また別のものとなるでしょう。郡上紬は独特のかすれたような表現はこの作品に荒々しさを付与しています。それは男性性の表現として合致した素晴らしい効果をもたらすことに成功しました。もしこのような作品を手に入れ、また手放す時期がきたときは買取業者へ依頼して下さい。価値の分かる買取業者は未来へと美術品の橋渡しをしてくれます。優れた作品には未来へと残る責任があるのです。

宗廣力山作 紬織着物 丸に入る

これは郡上紬を復興した宗廣力山の業によるところが大きい着物です。このデザインの秀逸さは時代を超えて人々の心を打つでしょう。地色には紺と橙を合わせ、その上にまるで月食における月の輪郭のような文様が染め上げられています。また、その月の染め上げパターンは複雑で、一見したところどのような反復か分からないほどです。ですがその複雑な図形が一艇周期で現れていることは確認できます。素晴らしい業物で、このような作品を一流の作品と呼ぶのです。こうした優れた作品を所持していて、手放そうと考えるなら買取業者に依頼してください。世の中には再現不可能な優れた逸品が存在します。そういうものは買取業者間で保存しておくべきでしょう。

作品の使い方・着こなし

宗廣力山作品は主に観賞用として飾り立てるのが最も良いでしょう。極めて優れた作品なので、着物というよりは美術品として扱うのが相応しいと思われます。もし着るのであれば、緊張感を持ち作品に相応しい振る舞いをしなければいけません。一流の着物には一流の所作が求められるので、気軽な日用品として使うには余りにも貴重な作品と言えます。宗廣力山の作品は美術館レベルのものなので、郡上紬を着たいのであれば市販品を着ることをお奨めします。こうした作品は人の手によって受け継がれるべきものです。現世の人々の財産のみならず、後世の人々の財産でもあるのです。文化を継承する際の重要資料でもあるので、手放す際に買取業者へ受け渡せば丁寧に保管してくれます。

宗廣力山の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 人間国宝