お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

館林木綿のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

館林木綿の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、館林木綿の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

館林木綿について

館林木綿とは、群馬館林を産地とする薄手の木綿です。江戸時代に流行った唐桟縞の縞木綿が関東各地で織られましたが、そのうちの一つとして発展しました。館林を中心とした結城木綿を館林縞というようになりました。大正時代全盛期をむかえましたが、関東大震災、太平洋戦争を経て衰退します。その後、戦後復活し、昭和25年より銘仙に代わって紬織物が増えて主流の織物となっています。近年は服飾の変化による需要の低迷で産地の規模は小さくなりましたが、伝統的な技術、技法により商品開発を強化しつつ展開されています。現在では製造を手掛けているのは僅か2軒になりました。サラリとした風合いが魅力の一つで、着れば着るほど手触りもやわらかく体になじみます。

作品の魅力

縞も鮮やかな館林木綿唐桟縞の着物

館林木綿で目を引くのが縞の鮮やかさです。それぞれに染められた糸で織られた縞は、洋服では思いつかない色の配分で、目にも楽しませてくれます。同系色の配色でも、きめの細やかさから、はっきりとした粋な縞を浮かび上がらせています。縞と無地の羽織の組み合わせは、さらに粋な着こなし演出してくれます。気負わない遊び心のある縞なので、帯とのコーディネートも大胆に挑戦することが出来ます。現代風の柄から無地、鮮やかな色合いまで楽しんでください。また、襟元の組み合わせも豊富に遊べます。半衿に白無地はもちろんですが、色無地から大胆な柄物、レースものまで女性は特におしゃれにこだわってみてはいかがでしょうか。

シックにも着こなせる館林木綿無地

初心者から、ベテランまで好まれる館林木綿の無地は、きめの細かい表面、やわらかさからカジュアルにもシックにも着こなしを楽しめます。特に男きものとして重宝されているのですが、木綿ですので丈夫ですし、普段着使いとしても適しています。半衿と帯との組み合わせで、何通りにでも雰囲気を変えたコーディネートが可能です。通年着ることが出来ることから、暑すぎない夏の日には、浴衣のように下着のみで涼しく着こなしてみるのも良いでしょう。冬は、柄足袋との相性もバツグンです。比較的薄手の生地ですので裾さばきも良く、縞同様、移動が多かったり、多少汚れても洗濯できますので、軽いお食事会、映画鑑賞などでのお出かけに適しています。

身近な装いとしてに広がる館林木綿

最近では日常使いとしての展開も注目されています。日本の冬には定番の半纏。高級半纏として販売されています。和装小物、パッチワークの生地としても需要があるので、着物買取でもきちんとした値がつきます。買取価格としては、遠州木綿、丹波木綿、土佐木綿、島原木綿等、木綿としての高額買取対象のひとつです。古着物があるようでしたら、一度買取査定に出してみるのも良いかもしれません。買取された着物から、コート等に仕立て直し楽しんでおられる方も多いです。また、生地の特長を生かして高級シャツとしても販売されています。袴と合わせてスタンドカラーのシャツを着る「書生姿」から着想された和洋双方に利用できるアイデア商品です。

作品の使い方・着こなし

お薦めは春と秋ですが、下着や羽織等の工夫で通年着用が可能です。きめが細かく、かたくて丈夫な2本の単糸を撚り合わせた双糸を使用しているため洗濯や摩耗しても、毛羽立ちが少ないので、普段使いのお召し物に適しています。和装の初心者には導入の一着としてお薦めです。
年配の方から若者まで着こなしが楽しめます。粋な縞に、大胆な色使いの帯を合わせ、カウボーイハットにブーツを組み合わせて、カジュアルに着こなす姿も見られます。アンティーク着物が流行ったこともあり、自由度が高く、他の木綿より薄手で着やすい館林木綿は人気の一品となっています。正式な和装としても、現代の遊び心満載な着こなしとしても愛され、ひと味違ったオリジナルの着こなしが楽しめます。

館林木綿の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物