お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

久米大島紬のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

久米大島紬の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、久米大島紬の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

久米大島紬について

久米大島紬は久米島で作られる紬の事で、国の重要無形文化財に指定されています。その歴史は古く琉球王国時代までさかのぼる事が出来ます。泥染めと言われる、泥に糸をつけ、独特の色合いを出す技法や、島の中に自生する植物で染めるなど、独自色が強いのも特徴です。久米大島紬は紬のため、絹を使う事になりますが、生産量自体がそれほどない事から非常に貴重で、買取相場も高くなることが一般的です。また、無地や絣と言ったまり色を使わないものが有名になってしまいましたが、非常にカラフルな着物なども存在し、南国らしく目に楽しく、豊かな色彩を楽しめます。無地や絣は使い勝手が良いため、非常に人気が高く、カラフルなものは数が少ないのが特徴と言えます。

作品の魅力

着物・帯、泥染め作品

久米大島紬を代表する技法の一つが、泥染めです。サルトリイバラの染料に40回程度、車輪梅の染料に60回程度つけた上、泥の中に入れる事によって鉄分を反応させ、焦げ茶や赤、灰色、黒など渋みのある色に仕上げていきます。非常に手間がかかる作業ですが、その分耐久性も上がるのも特徴で、非常に破れにくく、丈夫な着物が出来上がります。また、燃えにくい事でも有名で、まさに一生モノの着物にしあがります。買取相場も非常に高く、手間がかかる事から一般的な販売価格も非常に高価なのが特徴です。基本的に渋みのある色で、模様は格子や絣などが中心で、落ち着いた粋な雰囲気を演出できます。お洒落上級者向けの着物とも言えます。

着物・帯、草木染め作品

島に自生する植物などで染め上げた着物や帯で、淡い色調の物から鮮やかな色合いまで非常に様々な物があります。古典的な色に関しては島にある植物などを多用したものとなりますが、現代に入ってから様々な色が自由に出せるようになっていることから、新しい作品も数多く生まれています。買取相場は泥染めよりも安い傾向があるものの、淡い色調や鮮やかな色調など選択肢が多いのもポイントで、非常に人気があります。久米大島紬のもう一つの代表としての地位を確立しており、作家の作品などもあるのが特徴です。生産地や技法などの規定が厳しいため、生産量が少ないのは泥染めと変わらず、非常に貴重な工芸品としての側面も持っています。

着物・帯、ツバメの絣

久米大島紬の作品は絣を使い、日常使いできるものがほとんどです。元々紬自体が日常使いするための着物だったため、さり気なく着られる物が多いのです。その中で古典的な柄であり、代表的ながらでもあるのがツバメの絣です。ツバメの姿を絣として織り込んだもので、草木染めや泥染め等、染めの技法を問わずに織り込まれることがあります。にじむようなツバメの姿は非常に印象的で、目立ちませんが気づく人は気づくようなお洒落ポイントになるのです。久米大島紬である事がすぐわかる柄なので、買取の際にもチェックポイントになる事もあります。様々な場所にこっそりと入れられている場合もあるので、探してみるのも一つの楽しみと言えます。

作品の使い方・着こなし

久米大島紬は分類上紬であり、結婚式やお祝いの場に着ていくことが出来ないものです。価格は高価であっても、分類上は洒落着や普段着であり、祝いの席に着ていくのは失礼にあたるのです。そのため、普段着として楽しむほかに、着物で出かける楽しみを味わう事に向いています。夏物の久米大島紬も有るため、夏は涼しく、冬は冬物で温かくと使い分けられるのも特徴です。また、きぬた打ちという独特の手法により、着心地良く仕上げられるのもポイントで、着る事によって風合いも変わってきます。そのため、着る楽しみがある着物とも言えるのです。
価格的にも、大人の贅沢と言える品物になります。買取販売価格が高いのは、貴重で豊かな文化を楽しむための物でもあるのです。

久米大島紬の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物