お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

牛首布のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

牛首布の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、牛首布の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

牛首布について

石川県牛首村(現在の白山市白峰)で作られた織物を、牛首布、牛首紬と言います。

元々は農家が行っていた養蚕の中で、商品にならない玉繭状態の絹糸から作り出した、伝統的な織物です。

特徴はその丈夫さで、釘に引っかかっても釘が抜けてしまうと言う事から、別名くぎ抜き紬という名称もあります。

これは織の密度が高いためで、保温性に優れていると言う証明でもあり、たっぷりと絹糸が使われていることになります。

生産量が少なく、産地や技法の指定があって初めて認定されるため、買取でも高価になる事が多いのが特徴です。

基本は織物もですが、無地の牛首布に染めの技法などを応用した作品などもあります。

手織りらしい優しい風合いと、様々な柄の競演が魅力です。

作品の魅力

伝統的工芸品・牛首紬

牛首紬は牛首布を代表する存在で、玉繭を利用した紬になります。

玉繭から独特の工程を経て手紬された糸で作られており、規格を守ったものだけが牛首紬を名乗れます。

牛首布の特徴は丈夫さですが、牛首紬はその傾向が顕著です。これは農家の人々か着心地良く、長く着ようとした工夫の表れとも言えます。

買取市場でも少数ですが出回っており、着物のほかにも帯などを見かける事もあります。

柄としてはシンプルな縦じまなども多く、素朴な色調が目立つ形になります。

作家の作品では華やかな物もあり、現代的なデザインも少数で回っています。

絶対数が少ないため、買取や販売で見かけたらチェックをしておきたい希少品とも言えます。

後染めの着物と帯など

牛首布は基本的にシンプルな先染めが多くなっていますが、同じ地方に加賀友禅があるように様々な影響を受けています。

その中でも後染めの着物と帯は人気がある品と言えます。

伝統工芸品としての牛首紬の定義から外れる事もありますが、華やかな柄物なども多くなるのが特徴です。

訪問着に使うような落ち着いた色調の物や、パステルカラーの淡い色調まで選択肢も増えるのです。

牛首紬ほど規格が厳しくないため、値段の面でも比較的手に取りやすいのも魅力と言えます。

買取で牛首布と言えば、紬ではなくこちらの染物と言うケースも多いのです。

希少な分なかなか出会えないものではありますが、それほど高く無い分普段使いしやすいのも魅力です。

加藤機業場と白山工房の牛首紬

牛首紬を生産するのは二つの工房のみで、加藤機業場は白生地をメインに生産しています。

全てが手作業であることから生産量は非常に少なく、加藤機業場で年間200反程度しか作れないのです。

一方で白山工房は近代的な設備を投入し、高い生産効率を誇ります。

白生地の牛首布は、様々な染問屋などを通して色付けされていきます。

そのため、反物には工房の名前と、染めた業者の両方の証明書が載っているケースも有ります。

特徴は頑なに手作業を守る加藤機業場の反物はまさに希少品と言えます。

一方で、白山工房の反物も希少品には変わりなく、それぞれの魅力があると言えます。

買取相場は加藤機業場が高くなりますが、染付の技法によっても変わります。

作品の使い方・着こなし

牛首布の特徴は丈夫な事で、実用性の高さが魅力と言えます。

着物は繊細に扱わなければと言うイメージがありますが、牛首布に関しては普段使いで味を増してくるタイプなのです。

保温力が高く、体を温める効果が高いため、冬場の着用にはとても優れています。

光沢感があるのも牛首布の特徴で、熱烈な愛好家も存在します。

紬の帯なども出ているため、ワンポイントでも使えるのがうれしい所です。後は、染めか織のどちらがメインかと言った好みの問題も出てきます。

注意点はやはり着物の格で、紬の訪問着などもありますが、正式な祝いの場などには着ていけない場合もあります。

TPOに合わせて着物を使い分けるのも重要な事で、お洒落上級者向けの着物とも言えます。

牛首布の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物