お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

玉那覇有公のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

玉那覇有公の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、玉那覇有公の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

玉那覇有公について

玉那覇有公は、紅型染めの重要無形文化財保持者として認定された人間国宝です。1936年に沖縄県石垣島で生まれました。
若いころは鉄工所で働いていましたが、紅型を受け継ぐ城間家の一人娘道子さんと出会ったことで染め物の世界に入っていきます。玉那覇有公は染め物とは無縁の世界にいました。そのため、長い間下働きとして厳しい修行に励むことになります。その努力のかいあって、60歳で人間国宝に選ばれました。
玉那覇氏は、紅型だけではなく、両面染めの技法も義父から受け継ぎました。両面染めは琉球王国時代は一般的な技法でした。しかし紅型の両面染めは、高度なテクニックと熟練の技が必要なため、現在ではほとんどおこなわれていません。

作品の魅力

沖縄の伝統技法「紅型」

紅型は、びんがたと読みます。沖縄を代表する染め物の一つです。
紅型染めは、琉球王国時代に王族などの上流階級の衣裳に使われていました。江戸時代に隆盛をきわめ、高い技術を誇りました。
しかし第二次世界大戦で、型紙や道具の多くが消失してしまいました。戦後、紅型復興に奔走したのが、玉那覇有公の義父、城間栄喜です。
紅型の「紅」は赤という意味ではなく、色という意味です。紅、黄、紫、藍、緑など、華やかな色彩を特徴としています。
玉那覇有公の紅型は優雅で繊細で、非常に高値で買取されています。市場に出ることも珍しい品なので、買取を考えているなら、豊富な知識を持った専門の買取業者に頼むのが良いでしょう。

苧麻地紅型両面着物「草花」

苧麻地紅型両面着物「草花」(ちょまじびんがたりょうめんきもの「そうか」)は第38回日本伝統工芸展に出品された紅型染め物です。その独特な文様や高い技術が認められ、文部大臣賞を受賞しました。
両面着物とある通り、紅型にはほとんどない両面染めの着物です。両面染めだから、片面の倍の手間か、というとそうではありません。両面の図案をきっちり合わせるには、正確な技術と、色挿しが必要になります。そのため、片面染めの5倍以上の時間がかかる作業になります。
玉那覇有公の作品には、花などの植物をアレンジした模様が良く使われています。これはその名も「草花」で、玉那覇有公のエッセンスが詰まった作品だと言っても良いでしょう。

喜如嘉の芭蕉布、琉球本紅型「花麒麟文様」

芭蕉布とは、沖縄県の伝統工芸品で、薄く張りのある感触の生地です。とくに大宜味村喜如嘉の芭蕉布は国の重要無形文化財に指定されています。おなじ沖縄で古くから伝わる技法だけに、紅型と芭蕉布は抜群の相性の良さをもっています。
この花麒麟文様は玉那覇有公の作り出した図案の中でも傑作と言っていいものでしょう。花麒麟をモチーフに洗練されたデザインになっています。沖縄らしい南国の香りが感じられるような、そんな作品です。
玉那覇有公の作品は色合いも独特です。鮮烈で強烈な原色のイメージがある他の紅型と違って、現代的でどことなく透明感があります。これは色使いのアドバイスを良くしてくれるという妻の道子さんの影響かもしれません。

作品の使い方・着こなし

玉那覇有公の作品、とくに本紅型両面染め着物は、美術館などに買取られることが多く、なかなか着る機会はないかもしれません。もし幸運にも手に入れられる機会があったなら、パーティーに着て行くのはどうでしょうか。まわりの注目を集めるかもしれません。
当たり前ですが、お通夜や法事など弔事には使えません。お茶席やお稽古、あとは観劇やお食事などカジュアルな場に着ていくのが良いでしょう。
帯だけ買取るのも悪くありません。和服は帯が命です。良い帯はどんな着物にもよく合います。付下げ、色無地、小紋、織のお着物とあわせましょう。
紅型によく似た、紅型風の着物が多く出回っています。購入するときには、しっかりとした知識を持つ専門店を選びましょう。

玉那覇有公の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物