お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

首里織のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

首里織の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、首里織の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

首里織について

約500年前、琉球王国は東南アジアや中国と盛んに交易を行っていました。それによって、織物の技術を海外から取り入れ、その後、幾百年と学び続けらたわけです。また、沖縄の人々の弛まぬ努力もあって、気候や風土に適した多種多様な琉球織物が研究開発されることになったと言えます。沖縄は、元来、工芸の宝庫と言われており、その中でも織物は県下各地において、オリジナル性の高いものが織り継がれてきました。特に、首里は首里王府の城下町として栄え、王府の貴族や士族の為に格調高く麗美な織物が極められました。首里織の特徴としては、紋織から絣に至るまで多種多彩に織られていることだと言えます。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の魅力

首里織の原材料について

首里織の原材料は、絹糸を中心に木綿糸や麻糸、そして芭蕉糸が用いられており、染料には琉球藍の他、福木やテカチ、シブキやグール等が使われています。そうした、植物由来の染料と化学染料を柔軟に多用していることも、首里織の特色を現していると言えます。そもそも「首里織」の名称は、昭和58年に通産省の伝統産業法指定の申請時に採用されたもので、古くから伝わる種々の紋織や絣織物を総称したものです。織物のデザインは琉球王朝に仕えていた絵師が描いた図案を基にしており、各島の織女が御用布として織ったわけです。これらは全て献上品として王府へ納付・収集されました。
現在、製品は高価買取が行われています。

首里織の伝統について

先の大戦において、沖縄は全てを失ったと言われますが、長い伝統を持つ織物の歴史も途絶えたかのように思われました。それでも、近年になって次第に後継者が育つようになり、再び織物文化に火がつきつつあります。昭和49年において「本場首里の織物」が県の無形文化財に指定され、首里の王朝時代の文化が蘇ったと言えます。これを機に首里織の伝統的技法も、若い世代に受け継がれることになったわけです。加えて、昭和51年には那覇伝統織物事業協同組合が設立されて、活発な織物の振興活動が促進されています。那覇の織物は大きく2つの特色に分かれますが、その一つが那覇市泊の伝統の紺絣と白絣です。
現在、製品は高価買取が行われています。

首里織の技法について

首里織の技法は、現在では織り手それぞれの趣向が凝らされており、身に着ける側としても夫々の個性を活かした着こなしがなされています。特に若い世代に、カラフルな染織が好まれており、愛着のある織物となっています。それを裏付けているのが、様々な種類の原材料の糸ですが、特に水炊きによって作られる手紡の真綿つむぎは、500年の歴史を持つ伝統技法が活かされたものして尊ばれています。染料に使われている藍や福木等は、亜熱帯地に育成する、国内では沖縄を特徴づけるものであり、豊かな色調と着心地の良さを演出します。そして、布地の丈夫さに加えて、風通しの良さも合わせて持っています。
現在、製品は高価買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

半巾帯絹糸濃紺と白というコントラストとなっている藍染め及び、南方独特の色鮮やかん色使いは、黄地となる色絣を絣の最高峰としていると言えます。その中でも、「手縞」は撚糸や多数の色糸を格子状に織ったもので、絣柄が併用され美しく仕上がった布になっています。「首里花織」は平織綜絖によって織り出されており、表裏の面で夫々、経糸と緯糸が浮き上がる紋織になっています。そして、「首里道屯織」である首里織は、花織と並んで中国から伝わった紋織の一種です。両面ともに経浮織になっていて、かつては着尺ものでした。現在は、それらの織技法は主に帯類に用いられており、高い人気を誇っています。
現在、製品は高価買取が行われています。

首里織の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物