お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

読谷山花織のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

読谷山花織の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、読谷山花織の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

読谷山花織について

読谷山花織とは、沖縄で生まれ伝えられている紋織物です。絹糸や綿糸で織られ、主に福木や車輪梅、琉球藍などの植物染料で染められています。花綜絖を使った「経浮花織」や「緯浮花織」、そして「手花織」で模様は表されています。経浮花織や経浮花織は布幅の経糸の方向に、もしくは緯糸の方向に、色糸を使って模様を織り上げ、手花織は、模様の構成は手で色糸を縫い取るようにして織ることで作り上げます。幾何学模様の組み合わせが、小花のように見えるのが特徴的です。読谷山花織は経済産業大臣が、伝産法と呼ばれる「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づき指定しています。買取りでも、手仕事の美しさは、大変評価されています。高額査定の買取りが期待できます。

作品の魅力

読谷山花織の特徴と魅力

読谷山花織は色糸によって、幾何学模様が浮き出たように見え、それが美しい花のようであり、立体感も与えています。絣や縞、格子などの柄は着尺や帯などにも使われますが、手巾なども見られます。手巾は愛する人への想いを込めて織った話や、旅に出る肉親の安全を祈って織ったといった話が残されています。代表的な模様に、銭花(ジンバナ)、扇花(オージバナ)、風車花(カジマヤーバナ)などがあります。銭花は裕福になりますようにという願い、扇花は末広がりで子孫繁栄の願い、風車花は98歳になると風車をお配りする風習から長寿への願いなど、これらの願いがそれぞれに込められています。どれも縁起が良い文様です。

読谷山花織の作品が生まれる背景

沖縄で商売の神様といわれた泰期という人物は、読谷山の宇座出身でした。1372年に初めて、中山王国の察度王の王弟ということで、中国へ朝貢を行います。この泰期の中国への朝貢をきっかけとして、琉球と中国の朝貢貿易は始まりました。1420年頃には、中山王国の按司であった護佐丸が読谷村の座喜味へお城を建てました。尚泰久王が鋳造した万国津梁の鐘にも書かれていますが、琉球の大貿易時代の到来でした。中国やアジアの国々と盛んな交易が行われ、品物ももちろん、絣や浮織の技術も流入しました。これが読谷山花織のルーツになります。琉球王府時代には読谷山花織が琉球の独自のものとして確立し、全国にも買取られ、後世に伝えられました。

絶滅の危機からの復活

他の伝統的な織物が同様であるように、この花織も、明治以降は衰退の一途をたどりました。600年も続いた伝統ある染織の技術は、途絶えようとしていたのです。また第二次大戦で激戦地となり、また戦後はアメリカの領土となり、人々から忘れさられていたかに見えました。巷では、「幻の花織」と言われていました。古く保存のよいものは、特に高額で買取りが行われることもしばしば。それだけ現存しているものは希少です。1964年になって、読谷村の有志の尽力で、約90年間忘れられていた「幻の花織」は蘇りました。愛好会で出発しましたが、後に読谷山花織事業協同組合となり、今ではこの作品は経済産業大臣指定伝統的工芸品になっています。

作品の使い方・着こなし

糸白大島紬などのテイストに、読谷山花織の名古屋帯などを合わせると、大変モダンな雰囲気になります。また読谷山花織の着物に無地の名古屋帯というスタイルも、目を引くものとなるでしょう。特徴的な織物ですから、かえってシーンを選びません。使う小物によって普段使いや格式を持たせるなど、TPOにマッチさせることが出来ます。ジャケットを作ったり、シャツを作ってジーンズと合わせるようなコーディネートも目にします。伝統的な中に新しさも感じさせます。また色目や文様の可愛さから、マットやタペストリー、コースター、テーブルマットなどに使われてもいます。しかし買取りの現場で評価され、高値が期待できるのは今風のものよりも、やはり着物や帯となります。

読谷山花織の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物