お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

宮古上布のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

宮古上布の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、宮古上布の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

宮古上布について

宮古上布とは沖縄県の宮古島で作られる上布の事です。上布とは上質な麻の織物の事を指します。特に宮古上布は最高級品とされているのでお値段も高いものとなっています。現在では生産量も少ないものとなりました。16世紀に琉球王朝へ捧げられるようになった宮古上布は、やがて薩摩藩の侵略によって人頭税の課税対象となりました。組織化された工房で作る事になり、1903年からは日本向けの輸出品として盛隆を極めたのです。ですが第二次大戦後、アメリカの占領下に置かれると日本への輸出が禁止され、そこで生産量は一気に下落します。産業としての宮古上布は滅んでしまいましたが、職人による生産は今でも続いています。流通しているのは相当貴重なものと言えます。

作品の魅力

本場宮古上布花唐草模様織出し着物

宮古上布は麻でできています。麻独特の風合いによって裏打ちされたこの逸品は静寂を湛えているような印象を見る人に与えます。苦難の歴史から生まれたこの布ですが、その品質は素晴らしいものです。文様として描かれた唐草は着物全体に及んでおり、自由な曲線を描いています。色の染付け具合は見事なもので、地色の明るい紺と染め付けた暗い紺の対比は他の布地では出せない品の良さが良く現れています。紺という一色の色で明確なコントラストを表現しているのです。また、その地色の紺の色合いというのは何にも替えがたい絶妙なものとなっています。かつて献上品として扱われていたことも見れば十分に肯ける一品となっています。

創作宮古 中島三枝子作 着尺反物

一目見てその品格の高さが伺える素晴らしい反物となっています。麻は透けやすい生地なのですが、その性質のせいか今にも消えてなくなりそうな儚さを感じることができる逸品です。桃色から紺色へと移るグラデーションというのは普通であれば品が無くなるものですが、この作品ではそのようなことは全くありません。自然と、まるで朝焼けの海のような色の繊維を味わうことができるのです。反物を使って様々な着物が仕立てられるのですが、こうした素晴らしい作品の場合はそのまま飾るのも良いでしょう。また、価値のあるものなので投資商品として購入するのも悪くありません。そうした場合は適正な価格を知る買取業者へと買取を依頼しましょう。

宮古上布 新里玲子 九寸名古屋帯

宮古上布は着物はもちろん、帯を織り上げることもできます。この上品な作品は茶色の濃淡で世界観を表したシンプルなものとなっています。ただしそのシンプルな色合いは麻という生地によって素晴らしい風格を併せ持つことに成功しています。薄い茶色と濃い茶色のラインが交互に組み合わさり、その間に二筋の線が挟み込まれているその図案は、一見硬い印象を見る側に与えます。ですが、麻の透明感がその印象を危ういものとするのです。儚い麻の質感と、硬質なデザインが合わさった妙味のある作品と言うことができます。こうした優れた作品を手に入れ、やがて手放す日が来るなら買取業者を利用しましょう。そうすることで作品は長く生きることができます。

作品の使い方・着こなし

現代において、宮古上布は最高級品質の布とされています。そのため、中々手に入るものでもありません。こういったものは普段使いするよりも行事などの特別な日に着るようにしましょう。それでこそこの布の価値が発揮されるといったものです。こうした優れた織物と言うのは未来に残すべきものです。美術品の価値が理解できる界隈へ渡す必要があるのです。適正な市場には買取市場があります。買取業者は買取業者間で一種のネットワークをもっています。その中で適正な価格が決まり、適正な取引が行われるのです。宮古上布を手に入れ、やがて手放す事になったなら買取専門業者へ依頼することをお奨めします。なぜなら後世の人々の目にも触れて頂くべき価値があるからです。

宮古上布の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物