お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

八重山上布のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

八重山上布の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、八重山上布の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

八重山上布について

八重山上布はどのようにして生まれたものか未だ判明していない不思議な布です。沖縄の琉球政府時代から使われていたもので、原料は朝となっています。現在使われている八重山上布というのは、赤縞、紺縞と言われるものです。これらは薩摩藩が琉球へ侵略を始めた際、重い人頭税を課したときに生まれました。
売り上げを上げなければ罰を受けるので、結果的に八重山上布の質は上がりました。強制的な労働の結果、製品の質が上がったのですから悲劇的な歴史と言わざるを得ません。明治時代には新しい機械が導入され、流通経路も整備されるようになり産業として発展していきました。そうして現代へと受け継がれた技術は素晴らしい作品を多く生み出しています。

作品の魅力

八重山上布のれん バシイヌトゥル

沖縄の八重山という土地でしかこの色合い、風合い、図案は生まれなかったでしょう。このバシイヌトゥルと名づけられた芸術品は素晴らしいデザインによって作られています。空は鈍く澄み渡り、海は深さを称えています。そこに数羽の海鳥が飛んでいるという風景は八重山で作られてこそ意味のある図案と言えるでしょう。麻布独特の渋い風合いが全体の雰囲気を上手く作っています。今にも上りそうな朝日は、この作品の中で永久に昇ることはありません。ただただ朝の暗さをたたえています。こういった作品を手放すときには買取業者へ依頼するべきです。優れた美術品というものはいつまでも残さなければいけません。買取業者は作品を丁寧に流通させるでしょう。

風景織額装 石垣ブルー

横長の額装に八重山上布を飾り立てたこの作品もまた、八重山でしか作ることはできません。海の色と言えば青なのですが、この作品ではその青を無限の表現で彩っています。幾筋もの微細なグラデーションは八重山の海をこれ以上無いほどの慰みをもって表現しています。遥か彼方まで何一つ存在しない海が描かれるだけで、それ以上描く必要は無いのです。そういった説得力を有する作品と言うのは中々お目にかかれません。ですがこの石垣ブルーという作品はそれを実現しているのです。まごう事無き名品と言えます。もし手に入れた場合は手放すことは無いでしょうが、それでも売らなければならない場合は買取業者へ依頼する事を強くお勧めします。

新垣幸子 八重山上布名古屋帯

八重山上布は着物や帯にも使用されています。圧巻なのはその色合いでしょう。これ程までに粋な色合いをもつ生地というのは存在するのでしょうか。新垣幸子氏の作り上げたこの名古屋帯などは正にそれを体現していると言える一品です。枯れ草のような地色に波を表現したような紺色の模様が描かれています。極度にデザイン化されたその波はシャープな動きを帯に与えているのです。こうした職人の色使いというのは、原料の麻の力があってこそです。麻の風合いと絶妙な色の世界を組み合わせれば自然と名品が生み出されるということなのです。こうした名品はやはり手放す際には買取業者へと買取を依頼して下さい。そうすることで後世のためにもなります。

作品の使い方・着こなし

八重山上布は一種の美術品です。そのため、着物や帯として使う場合は大一番のときに使いましょう。そうすることがむしろ自然とも思えるような、一流の風合いをもっています。また、反物を飾るという方法で使うのも良い方法です。反物自体が一枚の絵画として存在できるものなのです。麻と特徴的な色使いが表現する世界というのは、空間自体を変容させるほどです。素晴らしく美しいこの八重山上布を家に飾るだけで心が満たされるはずです。見れば見るほど作品に引き込まれてしまう恐れもあるので、コレクションする際には注意が必要となるでしょう。美しいものというのは人々を日常から乖離させてしまいます。こうしたものは買取市場でも大歓迎されています。

八重山上布の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物