お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

桐生お召のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

桐生お召の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、桐生お召の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

桐生お召について

お召とは、お召縮緬の略称です。これは着物の一つで徳川第一代将軍の家斉が好んで「お召し」になったことから「お召」と呼ばれるようになりました。そのなかでも桐生お召とは、群馬県桐生市が生産地の有名なお召です。大正時代に作られたこのお召の流行のピークは昭和30年代でしたが、その品質は京都西陣を越えたとも言われます。桐生お召は、粋と渋みをほどよく併せ持つ上品な着物で、身体に良く馴染みます。また、裾さばきも良いためとても気持ちよく着用できる着物です。加えて、先練り・先染めの高級な絹織物です。しかしながら、湿気に弱いという欠点があり、水に濡れると生地が縮んでしまいます。ですからこのお召の保管には十分な配慮が必要ですし、手入れも大変です。

作品の魅力

「西の西陣、東の桐生」と言わしめる

桐生の織物の歴史はとても古く、奈良時代の初期には朝廷におさめられたほどの室でした。「西の西陣、東の桐生」と言われるほど桐生は織物の街だったのです。そして、江戸時代に京都西陣が火災で焦土と化すと、大量の職人らが全国各地へと散らばりました。そのうちの2人であった、弥兵衛と吉兵衛が運良く桐生へと流れ着きました。彼らが後期と紋職技法を桐生へもたらし、その技術によって桐生お召ができるきっかけとなったのです。明治時代にはいると、ジャガード機の導入など近代化がすすみ、縫取りお召や通風お召などのバリエーションも増えました。それにより、昭和から大正時代にかけてこのお召の全盛期が訪れたのです。

お召といえば桐生お召

お召の産地をあげると、必ずでてくるのが桐生お召。つまりそれほどこのお召は名前が知られています。桐生お召は糸の状態で染色してから織って行きます。そして、出来上がった織物はでこぼこしていて、まるで生きているようにつややかです。そして、古いお召になるとその風合いが変化して、より味のある着物になります。このように、このお召はとても格の高い着物です。また、このお召には長い歴史、技術がつまっているし、扱いも難しいです。ですから、誰も着ないままに放置することはもったいないし、着物の品質を保つのは難しいです。だからこそ、現在はこのような高級お召は買取サービスを通して市場に出回る事がおおいです。

桐生お召の扱いにくさ

どのお召についても言える事ですが、しわがつきやすいのが欠点です。一度ついたしわは、家庭でどうこう出来るわけではありません。呉服屋さんで着物を解いてもらい「反もの」というただの生地にしてから、湯通しをしなければならないのです。その後、もう一度着物の形にするにしても古いお召の生地はとても扱いにくいです。桐生お召がお召の発祥の地で、粋な着物であるとしても、この扱いにくい着物をタンスにしまい込んでおくのは、宝の持ち腐れと言えます。いくら素晴らしいお召でもしわしわにしてしまったり、縮めてしまっては元も子もありません。着物は、誰かに着られてようやく価値がうまれるのです。だからこそスポットがあたるのが買取です。

作品の使い方・着こなし

近代は、洋服のおかげで和装をする人口が少なくなりました。それにもかかわらず、家には一度も袖を通したことのない着物を保管している人がたくさんいます。その多くが、母や祖母から受け継がれたものだと思いますが、その扱い方を知っている方はごくわずかです。湿気の多い場所に保管してはいけないし、たまには風を通さなければいけません。いくらそう扱ったとしても、その着物を着る機会はあるのでしょうか?
そこで便利なのが買取です。買取サービスを通して、自分の持て余している着物を誰かの手に届けることはとても価値のあることです。また、一度はピークを過ぎた桐生お召だからこそそれを手に入れたい人がたくさんいます。ぜひ買取を利用して、着物を活かしましょう。

桐生お召の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物