お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

琉球絣のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

琉球絣の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、琉球絣の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

琉球絣について

南風原町に伝わっている「琉球絣」と「南風原花織」は、現在でも多くの人々に愛されており、特別な行事や催し物の際には必ず着用されています。その魅力は柄や色彩が豊富なことで、独自の伝統的デザインも飽きがこないものとなっています。古来より織物は、人間が創意工夫を凝らして、様々な技術を生み出してきました。素材としては、植物の繊維を始め、時に動物の繊維が用いられ、染料や顔料にも土地独自の材料が使われてきたわけです。世界的に見ると、7世紀頃に描かれたインドの洞窟の壁画に、絣織物の絵が残っています。それ故、絣の技術は相当昔から生み出されていたと推測でき、それが世界各地に伝播していったわけです。
現在、琉球絣の製品は高価買取が行われています。

作品の魅力

琉球絣は日本の絣織物の起源

琉球絣は、遠くインドに起源を有しており、14〜15世紀にかけて東南アジアに広がっていた絣の織物が、大交易時代の琉球王府に入ってきました。その後、日本本土、中国や東南アジアの影響下に、琉球の風土に適した絣織物が作られるようになりました。それが、海を越えて薩摩絣や久留米絣、米沢絣や伊予絣など日本の絣織物のルーツになったわけです。琉球王府時代から、絣の主産地は南風原でしたが、その絶え間ない技術革新と職人たちの研鑽の努力は、現在でも受け継がれています。今後も「琉球かすりの里」として伝統と新しい感覚の融合に努めていくと言えます。琉球かすりの図柄の数は約600種に登ります。
琉球絣の製品は高値買取りされています。

手間のかかる花織の技法

現在の琉球絣は、古くから伝わる「御絵図帳」をもとに、職人たちが現代風に仕上げています。絣の要となるのが、模様の出来具合を計算して、糸を手括りで締め上げることです。とても手間と時間のかかる作業ですが、それ故に独特の絣模様となるわけです。織りの製法は昔ながらの緯糸投げ入れ方式で、一日に織り上がるのは1〜2メートルです。南風原町では、明治時期の頃から、花織の技法が代々継承されるようになりました。此の手法で織られた手ぬぐいが、出征する兵士に送られたことが地元の調査で分かっています。その後、大正3年には南風原村立女子補修学校が開校し、花織や斜文織等の技術の習得が行われました。
現在、製品は高価買取されています。

戦後の南風原花織の経緯

戦後になると、生き残った数少ない人々の中から、伝統の技術を守ろうとする者も現れてきました。南風原花織の染色にも特徴がありますが、それは県内で採取される琉球藍や福木、テカチ染めなどの植物染料を用いていることにあります。現在は、化学染料として、絹には酸性染料、木綿にはスレん染料等がつかわれていまうす。それらによって生み出される模様は、産地固有の名称が付けられ、花のように美しく立体感のあるものです。時には、複雑にもつれた糸を解きホグさなくてはなりませんが、そうした忍耐力も、琉球かすりの織り手には必要だということです。そして、南風原花織には、証紙が貼付けされています。
製品は、現在、高値買取が行われています。

作品の使い方・着こなし

伝統的技術や技法は、その地方の独自の文化の担い手となっており、人から人へ直接継承されることに意味を持つものです。それでも、昨今の後継者不足から、新たな織物事業の継続が求められています。その為に、町や県、そして国からも支援を仰ぎ、後継者育成事業が立ち上がりました。昔ながらの手作りの良さを守り、希少価値的満足感を与えることは、社会的及び経済的価値の創出にも貢献できると考えられています。人々の生活様式は、時代の変化と共に移り変わってゆきますが、伝統的価値の維持こそが長く残る普遍的価値を産み出すものだといえるわけです。育成事業は、日本の歴史と風土が育んだ歴史的財産を守り育てる使命があります。
現在、製品は高価買取が行われています。

琉球絣の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物