お着物完全買取マニュアル【和装グッズから高級着物まで解説】

着物の活用から高額買取業者の紹介

琉球紅型のを上手に扱う方法や高値で買い取ってもらえる業者情報に関するまとめ

   

着物買取りのタイトル

琉球紅型の扱いに困っている、使わないし置く場所がないのでできれば処分したい。効率良く・ちゃんとした所に安全に処分したい。

着物なら質屋でも着物のリサイクルショップでも買取ってくれる業者はたくさんあるからといって考え無しに外に着物を持ち出すのは危険です。

ご存知だと思いますが、着物をちょっとしたことですぐに汚れてしまいますし、いたんでしまうものですそのため店舗に持参して査定してもらうのはあまりオススメできないことです。

さらには、近所の人に着物を持ち出している様なところを見られたら、気持ち的にもあまりいいものではありません。

そういった悩みを持っている方は着物の出張買取りや宅配買取りを行っている業者を活用すると良いかもしれません。

今は日本の着物が世界中で人気ということもあり、出張しても宅配の費用を業者が負担しても買取をしてくれるタイミングです。是非、琉球紅型の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の出張・宅配買取りを申込む

買取りプレミアムに関する詳細情報はこちら

人気の着物宅配・出張買取り業者一覧

買取プレミアム 山徳 スピード買取jp
買取条件 着物1点からでも可能 着物1点からでも可能< 特になし
宅配買取
出張買取
店舗買取
入金速度 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。 買取代金をその場で受け取れる。
買取にかかる費用 完全無料 完全無料 完全無料
営業時間 365日24時間対応・土日祝も可 平日 9:00?17:45 9:00?21:00(年中無休)
不用品対応
サイトへ 公式へ 公式へ 公式へ

琉球紅型について

そもそも「紅型(びんがた)」とは、沖縄を代表する装飾技法で、とても伝統的なものです。起源は13世紀ごろと言われているので、古い歴史が伺えます。紅型の「紅」は染めの色の事をさしており、「型」はその模様を表していると言われています。「紅型」と呼ばれるようになったのは昭和期にはいってkらで、沖縄本土では「びんがた」とひらがな表記をするそうです。このなかでも、高年者や下級の士族にむけて作られた藍色で染めるものを藍方(えーがた)と呼びます。
「琉球紅型」は、上記のように沖縄の特産であり、今もなお続く伝統工芸品です。現在の新しい文化をも取り入れながらなお続くこの染めの歴史は日本にとっても、とても価値のある作品です。

作品の魅力

琉球紅型の歴史をさぐる

琉球王国の時代に、王族や士族の衣装のためにこの染めをつかっていました。王国はこの染屋を首里城の周りに集めて庇護していました。薩摩が琉球に侵攻したあとは、日本の本土との交易につかわれるようになりました。しかし、琉球王国の王政が廃止になったせいで庇護を失った染屋らは廃業を余儀なくされたせいで、多くの職人達が首里を去りました。そのため、王族や士族の為であった紅染は廃れて行くことになりました。
その後に勃発した第二次世界大戦の影響で、琉球紅型の材料や道具が破損しました。なので、言うまでもなく、戦後の紅型復興はとても大変でした。しかし、本土で保管されていたわずかな型紙をたよりに復興に尽くしたそうです。

染めの特徴、琉球の文化

現在、残っている古い紅型は江戸時代頃の作品がおおいです。模様は、琉球独自の物ではなく友禅と似ているものがおおいです。同時に、中国の模様を図案として作成された染めも多いため一言に琉球紅型といえども純粋なものは少ないです。
琉球紅型の技法は、型染め(一般的な染めの方法)、筒書き、藍染めがあります。生地の地の色にフクギという植物を使って染めると黄色になります。ところで、琉球では黄色が高貴な色とされていて、着用出来るのは王族だけでした。これは中国で明るい色を行程の色と決めていた影響です。また、赤や白を地色にするものも多く生産されています。
現在ではこれに加えて、様々な色が使われるようになりました。

琉球王国お抱えの絵師

琉球王朝の保護によって、守られていた絵師は「紅型三宗家」と呼ばれました。図案の作成から型紙を彫るまでを「知念家」「沢岻家」「城間家」を中心とした職人らが首里を中心に染めをしていたそうです。その後、廃藩置県によって主産地が都道府県の那覇に移り、そのせいで紅型の需要が減って(前述の通り)廃れて行ったのです。しかしながら、昭和25年頃から、首里にあつまった画家を中心に城間栄順氏を中心にして紅型の復興運動がおこりました。この際に「琉球紅型技術保存会」が設立されて、昭和48年には「琉球紅型伝統技術保存会」までもが結成されました。その後、喜ばしいことに沖縄県の無形文化財の指定もうけました。

作品の使い方・着こなし

これまで述べて来たように紅型はとても価値が高く、現存する染めは高価であると言えます。しかし、本土の友禅とも混ざってどれが本物の紅型なのかの判断は素人には難しいでしょう。そんな時に使って頂きたいのが買取のサービスです。買取斡旋業者であれば、お持ちの染めの着物をすぐに鑑定して、価値を判定してくれます。着物は保管がとても大切です。ですから、ただ箪笥の中にしまっておくだけではダメになってしまいます。まして、着る予定すらも無いのであれば、買取サービスを利用するほうが有益でしょう。買取市場にこの紅型をまわすことによって、もう一度琉球の伝統を栄えさせる事ができます。大切な紅型を買取に出すことは、箪笥の肥やしにするより価値があります。

琉球紅型の処分なら宅配・買取り両方できる買取りプレミアムが安心安全で良いです

買取プレミアムのトップ画像

 - 高級着物